ラムの正体予測

sponsored link

推理の方向性が決まる時期

ベルモット編:24巻~42巻
キール編:42巻~60巻
バーボン編(バーボン判明のミステリートレインまで):60巻~78巻

ベル編、キール編、バーボン編(ミストレまで)、長さには大よその法則性がある。というか、ここは18巻で区切られてて一定。

では、それぞれの章のメイン推理である正体について。ベルモット=新出先生、キール=CIA、バーボン=安室(火傷赤井)をどう推理するのか、また正体がわかる伏線はいつごろ張られているのか。

ベルモット編は29巻、バスジャックの話の冒頭でベルモットに変装能力があることが明らかにされ、少し後でバス中にベルモットがいることが示唆される。そして、バス内にいたレギュラーキャラはジョディ、新出先生、赤井秀一の3人なので、その中の誰かがベルモットであると推理するようになっている。

学園祭の話のジョディのセリフとかもあるが、変装技術が重要なのでポイントは29巻とし、これは後で戻って推理できると考えるべきか。一応、バスジャックの話時点で戻れば新出=ベルモットも推理可能。

キール編は序盤が七つの子の話になるのでキールの初登場自体が48巻と遅め。しかし、そのすぐ後の「ブラックインパクト」でキールが組織の人間であることが明らかにされる。だが、その話内でベルモットのノックや、コナンに心の中でお礼を言ったり子供を引きそうになり避けてFBIに捕まるなど、CIAや悪人ではないという伏線が既にある。

あとは、まぁ難易度は高いが名前が水無怜奈=007だったりと、細かなヒントも多い。

バーボン編は安室の登場は75巻と遅めであるが、火傷赤井が65巻で登場し、利き手や行動などから正体がバーボンの変装であると推理できる。また、67巻でも再び登場し、確定級の伏線が出る。あとは、その変装者の登場を待つこととなる。

ベル編は24~29までの5巻。キール編は42~48,49巻までの(6,7巻)、バーボン編も60~65巻までのまでの5巻(67巻までの7巻)。

キール編が気持ち遅いのは序盤の七つの子があったからかもしれないが、大体5~7巻くらい進むと、「何をどう推理するのか」の方向性が決まる。また、伏線は薄めだが「誰が〇〇なのか」「〇〇は何なのか」を推理するための伏線も張られている。

ラム編は85巻からなので、これまでの流れから言えば90~92巻ぐらいまでが目安。ここまで話の展開は早いので、法則通り進むのではないかと。

「ラムは誰でしょう?」という問題は既にわかっているので、ヒントを元にどう推理するのか(ベル編のような消去法なのか、世良次男のようなプロファイリングなのか)という辺りは決まってくるのではと思われる。もし進展がなければ、既にそれについての伏線が作中にあるので自分で考えろということかもしれない。(コナンの大和警部の推理方法など)

また、動物の森で「出てたりして」とのことであるが、同じように7巻程度も進んだら、何らかの形で一度登場している可能性が高い。

黒田はコナンの推理に気付いている件

黒田:「君なら事件解決の手助けをしてくれると信じていたよ・・・」「眠りの小五郎の知恵袋ならねぇ・・・」 File:920

現在、眠りの小五郎を間近で見た警察関係者でもコナンのことを「頭の切れる少年」「たまに事件解決のヒントを思いつく少年」としか思っていない。(長野コンビを除く)

だが、黒田は一度も小五郎の推理を見ることもなくコナンが事件解決の推理をしていることを誰かに聞いて知っていた。

一方で、黒の組織はキールとの一件で小五郎をまだ完全に白だとは思っていない。そのため、バーボンは灰原(赤井)の消息調査の手始めに探偵事務所に張り付くことに決めた。

しかし、コナンの幼児化に気づいているベルモットはまた別の真意があり、そのことを仲間に黙っている。バーボンは初め小五郎を疑っていた。最終的にコナンが全てを牛耳っていることに気付くことになるが、諸事情で赤井の件は報告できず。恐らくコナンのことも組織には言っていないと考えられる。(報告されたらコナンが調査される)幼児化はともかく、公安の安室としてコナンのことを報告するメリットがあるのかも不明。

つまり、黒の組織はまだコナンに注目はしていない。だから小五郎がマークされている状況でもコナンはまだ安全圏にいるのである。キールや灰原と関わりのある人間が小五郎ではなくてコナンであると疑われたら、ただではすまない。バーボン編ではバレたのが公安であったから助かっただけ。

一般人で変わり者であれば長野コンビのように、こんな天才少年もいるもんだで済むかもしれないが、疑っている小五郎宅に居候し、薬の研究目的を知っている組織がコナンが普通の小学生でないことを知れば、あとは時間の問題である。組織に顔を知られている灰原は目を付けられたら終わりという設定でもあるので、コナンと一緒にいる灰原にもベルモットの時と同じよう芋づる式にたどりついてしまう。

安室が上層部に調査内容を報告したところ、実は内部に組織のスパイがいたために… という展開は面白いかもしれないが、そうなれば話は急展開。後はアイリッシュと同じように新一とコナンの指紋を取って確証を得るだけである。ラムが動き出した目的がそれであれば、また盛り上がるのかもしれないが。

また、もし黒田の情報源が安室でなかった場合、コナンの身近にコナンの秘密に気付いている組織の人間が別にいることになる。これだと、これまでの話がブレてしまいちょっとおかしくなる。

ピスコやカルバドスがあっという間に消されたのに対して、ベルモットや安室が秘密主義というのはコナンと灰原が組織の手から免れる展開に持ち込む都合のいい設定でもあるため、均衡が破られるのは話が終わる時ではなかろうか。

基本的には簡単に殺せるキャラ、あるいはバレても大丈夫なキャラだけに秘密を知られることになっているというのは重要。ナンバーツーが出てきたとは言えまだ先はあるし、黒田はこれまでのモブ級メンバーのように簡単に退場させられるようなキャラではない。

恐らく、漫画的にコナンはラストまで正体を知られることなくボスと対峙することになるような。灰原は赤井が命に変えても守るという公約があるので、また狙われそうだが… しかし、今のままだと先に狙われるのはコナン(新一)の方。

まあ、もしスパイであったのなら、ラム編の終わりにボスに報告される前に消されることになるのではなかろうか(笑)それに、黒田がスパイでなかったとしても、組織の目的を知るためにコナンの正体を暴こうとするかもしれない。コナンが狙われていると思わせるにはもってこい。

灰原が大丈夫と考える

詳細は↓「灰原の反応」の項を参照
黒田兵衛の特長

コナン同様に、灰原の幼児化にもまだ気付いていないようである。

黒田は明らかに義眼で大男のラム候補を意識されているキャラではあるが、もし彼が組織の人間でなかった場合、それはラム本人でも影武者でもなくて、ミスリードということになる。

つまり、この時点で本物ラム+影武者(2~3人)というパターンの可能性は低い。大男は組織の人間ではないが、老人と女のような男がラムとその影武者では中途半端。義眼で大男と言われたラムの存在も説明できない。

新しく女のような男や老人の新キャラが出て、彼らのどちらかが白であることがわかれば影武者説は消える。

しかし、組織の人間の誰かが義眼+大男、女のような男、老人と証言したのは事実。仮に女男が新キャラで登場して白だったとしても、老人がラム本人で終わりにはならない。

組織に義眼+大男、女男、老人と見られる人間がいるのは事実。黒田以外に義眼で大男の影武者が新しく出てくることは考え難い。そうなると、本物ラムは全ての属性を備えている必要がある。考えられるのはコナンが大和警部を疑った(本庁の刑事恋物語)パターン。

番外編

敢助のように「隻眼(義眼)+大柄(屈強な大男)+長髪(女のような男)+杖をついている(年老いた老人)」と考えるのなら。Mr正影説なんてどうでしょう。

(以下、ほぼ冗談です)

サングラス:外すと義眼。職業柄と思わせて、実は義眼の人は眼鏡やサングラスをかける人も多い。
大柄:マジック用マント。遠めに後姿を見たら、マントが広がり大男に見えた。
老人:白髪で、マジック用ステッキを持っていた。
女のような男:正影は長髪。老女にみえなくもない。
何かの事故:マジックショーで失敗。
10年前に失踪:黒田捜査一課長の事故と時期が重なる。

マントやらステッキはマジシャンなら持っているだろうというだけで、描写されているわけではない。読者が勝手に想像で話を作ったらどうでにもできてしまうので、根拠はきちんと作中の描写から判断できるようになっているはず。でないと、正影も正解になってしまうし(笑)

年賀状

ラムの身長?教えられねぇよ(笑)。

身長がわかると結構ヒントになります。一応背丈は意識して描かれているのと、「大柄」というのも真偽がわかるので。

映画に出て来るラムはもちろん本物だよん(笑)。

本物が出て来るそうです。黒タイツの可能性が高そうですが(笑)黒タイツは犯人の体型は意識していない設定なのだけれど、シルエットなら顔の輪郭はわかるのと、身長等も再現している可能性があるので大きなヒントになるかも。それか、「次男の手とスマホ」のように、顔は出ていないけれど体の一部が出れば。

sponsored link
更新日:2016-2-22


ラムの正体予測」への24件のフィードバック

  1. 管理人 投稿作成者

    >>S さん

    人口知能というのは、SF漫画のように肉体を持たずにコンピューターに繋がれた脳だけ、劇場版のようにとある部屋で声だけが聞こえるという想定でしょうか。それとも、攻殻のような電脳人間という事でしょうか。

    前者ではラムの登場ができないし、大男や義眼やらの情報の意味がなくなると思いますが。後者なら、組織は電脳人間を完成させているということになるので、それはまた、社会的にはAPTX4869による幼児化なんてどうでも良くなるくらい脅威です(笑)

  2. S

    今回の映画はご覧になりましたか?
    ラムは人工知能という説はどう思いますか?

  3. 管理人 投稿作成者

    >>コナン さん

    博士は組織臭がないので… 灰原やコナンの正体も知ってるし。
    この辺が説明できればボス候補にもなります。(否定されましたが)

  4. コナン

    ラムの正体はアガサ博士だと思います。
    紅茶のドクロマークが熱で消えた。
    つまり、アガサ博士は記憶を失ったボスの側近、もしくはラムの影武者。
    他人を騙せるほどの声色を持つ女はベルモットしかいない《怪盗キッドは例外》
    チョーカー型変声機は世間に出回っていない。

    十人十色のイメージ像を作りだせる人物はアガサ博士しかいない。

  5. 管理人 投稿作成者

    >>出来損ないの迷探偵 さん

    確かに備えています(笑)白髪だったとしても老人ってほどではないですけどね。
    ジェイムズも老人ってことになってしまいますし。初老ではありますけど。

    でも、ジン=ラムってさすがにアンフェアかなぁ?と…
    内容によりますがたぶん目の肥えた読者が納得しないでしょう(笑)

  6. 出来損ないの迷探偵

    ふと思ったんですがジンってラムの3つの特徴兼ね備えてますよね…

    屈強な大男←ジンは間違いなく屈強、コナンがかつてジンに麻酔針を打った後にジンを大男と表現
    年老いた老人←銀髪(NYの通り魔のお爺さんも銀髪だから、銀髪と老人を結びつけるのは無理がないかも…)
    女みたいな男←長髪

    この偶然なんだかすごくないですか? (笑)
    でもジンには既にコードネームがありますもんね…

  7. 管理人 投稿作成者

    >>PN さん

    博士はそもそも組織臭がないのと灰原、コナンの正体を知っているところが問題で… 博士≠ボスの作中根拠もそれなので。基本的にこの二点が根拠になるキャラは組織の構成員から外れます。

  8. PN

    ラムが阿笠博士だったら面白いですよねww
    無いと思いますけど(笑)

  9. 管理人 投稿作成者

    >>Kさん

    松本清長は日常編で未来の姿が描かれてしまっているんですよね。灰原と会っていたかはうろ覚えですが、会っていれば候補から消えると思います。

    刀で切られているので義眼の可能性があり、大男ではありますが、これだけだと「女男」と「老人」の説明ができません。ラムは三つの特徴を兼ね備えた人間か、それぞれ義眼でありながらも「大男」「女男」「老人」と別の特徴を持った影武者ということになりますが、後者の場合義眼+大男(女男、老人)だけではラム(影武者)かどうか判断する決め手がありません。

    例えば、糸目のキャラが目を開けると実は義眼だった。というところまで考慮に入れて、それに大男(女男、老人)という人間を1巻から読み直して全部ピックアップすると大変なことになりますし、義眼をどう判断するかというのがまだわかりませんので、眼鏡のキャラ等含めていくと膨大な量になり不毛な努力になるのでまだこの辺は据え置きです。

    松本清長は、まぁ一応書いておくならそれでもいいんですが、じゃああ○○も候補じゃないの?とかめんどうなことになるし、松本清長が違う理由(未来が描かれている)等一人ずつ検証説明していくと切りがないので(笑)今の段階では非常に中途半端なことになるので、義眼(かもしれない)+特徴一つのキャラを取り上げるのであれば、さらにもう一つラムを絞るための伏線が欲しいところです。

    黒田はコナンが疑ったりとストーリー上ピックアップされているので考察はしています。大和警部のように条件が三つ揃ったキャラは作中にそうはいないので、見つかれば候補になると思います。彼は否定根拠が複数ありどう考えてもミスリードなんですが、黒田と同じくストーリー上取り上げられているので一応書いています。

    少なくとも、義眼のキャラはそうはいないので、義眼であることが確かであり、それに特徴の一つが一致すれば候補にはなるかなとは思います。黒田はそれに当てはまります。あとは、松本清長が再登場して意味深な行動を取るとかすれば。一応警視正に異動したりと設定の変更がされているのですが、これが重要なのかどうかというのはまだ先に進まないとわかりません。再登場すれば黒田と同じ方法でコナンが疑い、ミスリードに使われる可能性は高そうですが…

  10. K

    いつも楽しく読ませていただいてますまた、毎回自分が考えつかないことが書いてあり、驚きながら読んでいます。しかしこのラムの正体予測に自分の推理が全くもって入ってなかったのでコメントしました
    自分の推理はラムが松本清長ではないかと考えております
    理由として日本刀で切られて目が無事なわけないので義眼の可能性がある、松本城は別名烏城、あまり関係ないけど屈強な大男である等有りますいかがでしょうか

  11. 管理人 投稿作成者

    >>しゃーろっくさん

    意味はどうでしょう?普通に考えたら演出上の理由かも知れません。名探偵コナンって読んでるとちょっとおかしいことは多々出てくるんですが(特に日常編)そこはスルーすべきか、伏線と考えるかは総合的に見て考える必要があります。

    こういうのは先生に質問するとあっさり答えてくれると思いますよ。読者が戸惑わないようにミスはミスと教えてくれますので。

    日本語でラムじゃヒツジか酒かわからないけど英語ならはっきりするしとか、キールは米国の人間なのでアルファベットのほうが打ち慣れてるとか(笑)

    とりあえずは自分で逆算して考えてみればいいと思います。ただしこだわりすぎると、どうでもいいところでドツボにはまる可能性があるので注意です。

    RUMと打ったのが演出なのか伏線なのか読者がいくら考えても答えはでないと思います。意味があるとして、大抵は英語で打つ理由に繋がる別のいくつかの伏線があります。なので、次はそれを探して見つかれば伏線と考えられると思います。

  12. しゃーろっく

    いつも興味深く拝見させて頂いています。

    質問ですが、なぜキールは英語の単語を打ったのでしょうか?切迫した状態なら、「RUM」より「ラム」とした方が文字数的にも少ないのに…。
    何か意味があると思いませんか?

  13. 管理人 投稿作成者

    >>コナン さん

    服部平蔵はまぁまだ可能性は残ってるかもしれませんけど、そうだったら驚きですね(笑)

  14. 管理人 投稿作成者

    >>RAsK さん

    大和警部はまぁ違うでしょう。動物の森のヒントからすると、既出キャラの可能性も高そうです。

  15. RAsK

    大和警部は多分ないですね
    灰原と一回接触してますし…

    現状でいうとこれから出てくるっていう可能性の方が高いかもしれませんね
    黒田捜査一課長も、黒の組織と関係してなくてもなんかありそうだし

  16. 管理人 投稿作成者

    >>あさちむ さん

    義眼のキャラは探せばまだいると思いますよ。それに、見た目ではわからないかもしれません。

    大和警部は灰原が組織臭を感じなかったし、早い段階でコナンが疑いをかけているので、明らかにミスリード要員ではないかと思います。作者も動物の森でギャグのように発言していますし。

  17. 管理人 投稿作成者

    >>青山剛昌への挑戦者 さん

    名前がすごいですね(笑)ぜひ青山先生に勝ってください!

    板倉のソフトがラムのためだったら、勝又名人であってほしいですね~(笑)板倉は将棋ソフトを作っていたので。それで、ラムのライバルは秀吉で。コナンと赤井にはあの方、ジン、バーボンと因縁の相手がいますので。

  18. 管理人 投稿作成者

    >>コナン好き さん

    コナンが大和警部のことを長髪ということでラムと疑いましたので、考え方としては間違っていないのかと思います。

    香水も若い人は付けますし、外国人は匂い消し的に当たり前のようにきついのをつけています。まぁ、これが年配の組織のメンバーが、ラムがいつもおばさんのようなきつい香水をつけているのを見て女みたいな奴だなと感じたとかなら。この場合、あくまで見た人の感じ方がどうだったか、それが真実とは違うというトリックですので。

    勝又名人みたいなキャラは理想ですね。そうでなくとも、なかなかキャラが濃いのでもう一度再登場してほしいです。

  19. 管理人 投稿作成者

    >>4141 さん

    正影の可能性は低そうですが、ノートは関係ないのではないかと。

    組織の人物が組織関連の情報を取られたらすぐに証拠を隠滅しますけど、逆に関係ないことで殺人を犯したらそれが原因で足がつく可能性もありますし、余計なリスクは負わないのではないかと。と、どうでにも考える事ができてしまうので、あまり自己判断で決めないほうが良いかもしれません。

  20. 青山剛昌への挑戦者

    私の予想だとラムは連載当初は「あの方」として設定されていた人物だと思う
    物語が進む中で読書の推察により、
    ボスは別の人物に変えられた、もっと驚きの人物に。
    だから、ラムは序盤から登場していて、ネットでボスと騒がれてる人物がキャスティングされたと思う

  21. あさちむ

    ラムは長野県警の大和警部だと思う。
    義眼ならその人しかいないから・・・。

  22. コナン好き

    私は、エドワードクロウがラムだと予想します。
    髪の長い男は、今時それほど珍しくありませんし、ジンだって髪が長いです。
    女のような男=髪の長い男 だと疑問が残ります。
    私も、管理人さんと同じ意見です。香水の匂いのほうが、しっくりきます。
    『名人 勝又 高明警部』辺りががラムだと、個人的に嬉しいです。
    ラムは、切れ者であると同時に、物事に動じないタイプが良いですよね!

  23. 4141

    ミスター正影だけはありえないでしょう

    あの方だったとしてもラム(No.2)だったとしても
    そんな地位の高い人のノートをスっていたら
    姫宮は星河に殺されるまで生きてられないでしょう

コメントを残す