世良真純のもう一人の兄(次男)|「羽田秀吉」論

sponsored link

その他の特長

コナンのことを知っている

syukichi_deductive_skill_f849_1

秀吉はコナンが自分の出したヒントに気づいた後に、ちょっと不思議そうな顔でコナンを見つめている。また、コナンがトリックを説明したり、探偵団を使って証拠を探させたりしているところを見ている。秀吉の頭のキレならコナンの実力にも気づいたであろう。

一方で、世良とコナンの関係は知らないので、世良が「どうやら彼も真相に辿り着いた様だけど~」と言われても何のことかわからない。「説明を求む!」と聞いたことに違和感はない。

スマホの機種

秀吉のスマホの機種や色は明らかにされていない。しかし、人気機種なら偶然同じ携帯を持っている可能性があるという伏線が出たのは秀吉の初登場回の話。

(次男のスマホは「arrows」。安室はIphoneで沖矢はXperia、秀吉は不出。)

メールの文体

次男のメール:<彼とは誰だ?説明を求む!> File:860

文体は、伝統的でやや堅いイメージが連想される表現であるが、棋士にはぴったり。

格闘技はできそうにない

世良:「子供の頃は截拳道にどっぷりだったよ!たまに一番上の兄から送られて来るビデオを擦り切れるぐらい観て手本にしてな!」「近所に截拳道の道場もあったし・・・他のスポーツは体育の授業でちょっとかじったぐらいだったなぁ・・・」 File:876

sera_jeetkunedo_f876

世良は長男(赤井)から送られてくるビデオを見てジグンドーを学んだが、赤井が丁寧に指導したわけではなく、ビデオを送るのが精一杯であったようである。

同じように、次男は世良に推理のアドバイスをする関係であるが、格闘技については触れていないことから、次男の戦闘力は未知数。というか、推理のめんどうは見れても戦いの面倒は見れないということになり、教えるほど強くないと考えられる。

秀吉の格闘能力はまだ不明であるが、職業は棋士なのでけんかが強い必要はなさそう。

金持ち

秀吉は高そうな高層マンションに住んでいる。有名棋士なら金は持っていそうだが、それは由美(推定28歳くらい)が学生時代の頃からだった。

(作者インタビューにより、由美は佐藤刑事と高校時代からの親友と判明。同年代とまでは断定していないが、ほぼそれに近い年齢となる。)

秀吉が当時から高額の報酬を得ていたかは定かではないが、そうでなくても、世良がある人物の協力で高級ホテル暮らしをしているように、秀吉も金銭的な援助を受けていた可能性も。

単なる「ボンボン」だと由美の言う通りそのままでオチがなくなってしまうので、何らかの理由がありそうではある。

設定の問題

秀吉には由美さんの彼氏という役がある。世良の兄という二役を与えるかどうか…という問題。もちろん、二役がありえないというわけではない。

単なる警視庁恋愛キャラに主人公クラスの名探偵のスペックは不要なわけで、あえてそれが付加されているというのは普通のキャラではないということでもある。

無意味に名探偵を増やしてもベジータが言うところのスーパーサイヤ人のバーゲンセール状態。謎の少女と違い、世良との今後の絡みもどうなっていくか想定できない。

もう一つ、由美の彼氏は後出しキャラだということ。必ず出すと決めていたわけでもなく、ただ、キャラはホストっぽくする予定だったらしい。

では次男の可能性はなくなるか… とは断定できない。次男もミストレ以前から伏線を張り続けて満を持して登場というわけでもないようで、いくらでも後付け可能なキャラのようである。由美の彼氏の伏線は、世良のキャラ設定の参考となった越水七槻よりも前の話。

秀吉のホスト設定は話の終了間際に光彦の一言でフォローされただけで、実際は全くホスト風ではなかった。

由美の彼氏に棋士で推理スキルを持つという設定を後付けしたのか、棋士で推理スキルを持った秀吉にホスト設定を加えて由美の彼氏役を与えたのかはわからないが、予定を変更をしている可能性もある。

次男かどうかの真偽はともかく、バーボン編初期から登場を予定されていた(細かいキャラ設定が決まっていた)わけではなく、「次男候補として後になって作り上げられたキャラ」ということになりそう。

追加の伏線

秀吉の着物

syukichi_kimono_f902

File860、世良のメールを受けた次男の時の服装は白いシャツのようなものが見えていたが、秀吉の着物の袖の可能性もあり。ちょっと素材が違うのは画の問題か。

領域外の妹 沖矢昴と接点

世良:「お風呂あがったよ──!」「─って・・・」「寝ちゃった?」(あれ?TVのリモコン・・・)(何か観てた?)「ん?」(将棋?) File:901

領域外の妹は羽田秀吉の出ている将棋トーナメントの中継を見ていた。

世良:「ねぇ・・・」「このホテルの前にパトカー停まってたけど・・・」「何があったか知ってる?」

領域外:「さぁ・・・」「知らな~い♪」「~♪」

世良:「何そのリアクション・・・」「キモいんだけど・・・」

<太閤名人 七冠達成!!>

■”由美”と”名人位”を賭けた熾烈な戦いに勝利! 昴、そして領域外の妹は、秀吉と意外な接点が・・・?

outside_sister_f901

領域外の妹は秀吉が名人戦に勝利するところを見てうれしそうな表情。普段クールな彼女が見せる意外な一面で、世良からは「キモい」と言われるほど喜んでいた。

また、緋色のエピローグで赤井秀一の変装と確定した沖矢昴も同様にネットで秀吉の勝利を見て笑みを浮かべている。

赤井は世良の一番上の兄であり、世良と親密な領域外の妹もこの二人と同じ目の下に隈があるのが特徴。つまり血が繋がっている可能性が高く、その二人が家族ぐるみで秀吉と接点があるということ。

赤井と領域外の妹は将棋好きで、熱狂的な秀吉ファンとも考えられなくもないが、そんな設定にしても意味がないし、「知り合い」程度ではここで領域外の妹には違和感のあるほどの喜ぶ演出はいらない。まぁ、柱にはもう「接点が」と書かれている。

これまで次男の特長から、秀吉は特に矛盾点はなく、名前の由来などから怪しい人物であるという想定のみであった。(次男推理は消去法なのでこれで問題ない。)具体的に赤井(世良)家と繋がりがあるとわかる描写はなかったが、これが一つ大きな根拠となりそう。

秀吉と領域外の妹の目

outside_syukichi_eye_f893_f899

秀吉と領域外の妹の目の上はキールと同じタイプで共通している。次男は世良や長男とは似ていない設定ではあるが、似ている設定は目元の隈があるかないか。

通称キール目は赤井の隈と違い、苗子のように他のキャラにもあるので偶然同じとも考えられるが、この部分だけ母の(と推理される)領域外の妹と秀吉で共通点を持たせた可能性もある。いくら似ていないといっても、血が繋がっているのなら、全く受け継いでいる箇所がないというのも不自然ではある。

次ページへ

sponsored link
更新日:2017-4-6
コメントはこちら