世良真純のもう一人の兄(次男)|「羽田秀吉」論

sponsored link

居場所は秘密

「何か今、大事な仕事の真っ最中らしくて居場所とかちっとも教えてくれないけど・・・」 File:859

これが秀吉が次男候補から外れる根拠とも考えられるが、実はそうとも限らないことが作中から判断できる。

考えられるケース

教えられない内容 ─

次男は「大事な仕事」の真っ最中であり、「居場所」とかを教えてくれない。この「仕事」は詳細の業務内容という意味合いも含まれており、必ずしも職業に特定したことではない。

後にわかったことだが、世良は「次男は探偵なのか」という質問を否定した。(次男の職種くらいは知っている可能性がある。)

また、次男は同級生に「忙しい」という理由で依頼を断り、代わりに世良を派遣している。そして、世良に会う約束もさせられていた。この時も、「忙しい中で無理矢理」ということであった。

秀吉はプロの棋士であり、テレビにも出演しているので世良に職業は知られている可能性はあるが、次男が教えない内容でわかっているのは、「大事な仕事」(忙しい理由)の中身と現在の居場所だけである。

秀吉は現在7冠目指して奮闘中であるが、具体的なことは由美にも内緒。(由美には棋士であることも内緒にしている。)

また、秀吉は「ホスト風」と言われていたようであり、テレビに出ている時は髪を整えヒゲも剃っていたが、最初に出て来た秀吉は無精ひげを伸ばし浪人生のような格好をした男であった。元太にも「冴えない兄ちゃんだった」と言われている。

これは将棋の勉強などで相当忙しいからと考えることもできる。居場所を秘密にしているのは「邪魔されたくないから~」などであろうか。

世良はアメリカ留学をしていた ─

世良は3年前から現在の来日前までアメリカ(イギリスかも?)に留学していた。秀吉が有名になりテレビに出始めたのがこの間であれば、棋士であることを知らない可能性はある。

⇒File:899-902より、秀吉は10年前にはB級へ上がる試合をしていたようなので、ここ2,3年にテレビに出始めたということはないかもしれない。ただ、最初に名人の位をとったのは数年前なので、時期は曖昧である。

世良はテレビをあまり見ないようである ─

園子:「まぁ、客席で目立ち過ぎて審査員の武木さんに目をつけられない事ね・・・」

世良:「武木さん?」

園子:「知らないの?日本のパティシエ界の重鎮!」「レジェンドオブ・スイーツの武木正徳よ!!」

世良:「その人に目を付けられると何かあるのか?」 File:844

世良は人気番組とその司会を知らなかった。コナンはもちろんチェックして、その番組の怪しい点まで見抜いていた。

アメリカにいたためなのか、そうした流行系に興味ないのかはわからないが、人気番組なんてのは意識しなくても情報として入ってくるくらいのはずなので、世良はテレビをほとんど見ないことがわかる。(ママと一緒にフットボールは見ていたようだが。)

これだと、「秀吉はテレビに出ているから知っているはず」とは考え難い。

この話は秀吉の登場回の直前であるが、作者は前の話で重要な伏線を張ることがある。

高木刑事や目暮警部 探偵団は気付かなかった ─

高木:「・・・あれ?あなたも見た事があるような・・・」

目暮:「そういえばワシもその名に聞き覚えが・・・」

由美:「まさか逃亡犯の手配書とかで見たんじゃ・・・」 File:848

・・・

コナン:「ホラ!この人なら知ってるだろ?」

元太:「名人のタイコーじゃんか!」歩美:「歩美のママも大ファンだよ!」光彦:「でも名人と彼と何の関係が・・・」

コナン:「よーく見てみなよ・・・」

光彦:「あ~~~!」歩美:「この寝グセ・・・」元太:「あの兄ちゃんじゃんかよ!!」 

灰原:「なるほどねー・・・名前が羽田秀吉に似てるから太閤だったのね・・・」

File:849

高木刑事と目暮警部は秀吉を見て見覚えがあると感じながらも、それが誰だかわからなかった。探偵団はコナンに有名人のヒントを与えられてもピンとこない。そして、太閤の写真を見せられても、すぐに気付けないくらいであった。

もっとも、探偵である世良が太閤を見たことがあるのであれば、普段と雰囲気が違えどコナン同様に気付くのではと考えられる。

だが、安室の場合も2回ほど目の前にいるのにスルーするという条件をクリアする必要があるので、「気付かなかった」「兄の顔を知らなかった」「兄に出し抜かれた」などの理由でそれが可能なのであれば、それは秀吉や沖矢においても同様である。

しかし、これをしてしまうと「居場所とかちっとも教えてくれない」の伏線では誰一人と絞り込むことはできず、伏線として意味を成さなくなってしまう。

秀吉の場合、「コナン以外気付かないくらい見分けるのは難しい」(三池苗子は後から知ったようだが。コナンと一緒に予選会館に行く話を聞いた?)という作中根拠もある。

⇒File:899-902より、熱狂的なファンであれば気付くようである。つまり、世良が次男の顔を知っているのであれば、街で次男に会えば気付くと思われる。そうでなければ、前述したように沖矢、安室、秀吉、誰であっても見てもわからないので、この伏線の意味がなくなってしまう。

追加の伏線

世良:「お風呂あがったよ──!」「─って・・・」「寝ちゃった?」(あれ?TVのリモコン・・・)(何か観てた?)「ん?」(将棋?) File:901

sera_shogi_f901

世良は将棋番組を見てもピンとこない。秀吉=次男であった場合、世良は次男が棋士であることを知らないようなので、やはり秀吉直前の話しにあった、世良はテレビを見ない(人気番組すら知らない)ということがポイントのようである。(フットボールなど、興味のあること以外は関心がないのか、海外にいたことが要因なのかはわからないが。)

次ページへ

sponsored link
コメントはこちら