世良真純のもう一人の兄(次男)|「安室透」論

sponsored link

次男の手

second_older_brother_hand

画像の質が悪いが、コミックでの袖の色は山村警部が着ているスーツのような色と質で、白のシャツ?のようなものが見えている。

次男の手は色白でスマホの色は黒である。恐らく、機種は沖矢と同じか。(Arrowsらしい)

一方で、安室の手は色黒で、スマホは白である。(アニメ版では「白い連邦」ではなくて「黒の組織」に合わせたのか、スマホの色は黒になっている。)

amuro_hand_f808

安室はプライベートで意図もなく変装をしたり、手袋をしてスマホをいじるほど慎重な行動はとっていない。コナンを尾行した時でさえも素顔のままであった。

amuro_conan_f856

次男の手は世良からメールを受信しただけの何気ないシーンが描写されているというのが重要。この状況下で次男は小細工の必要性はない。アリバイを後付けでどうにでも崩せてしまうのであれば、読者は推理不可能である。

手袋や変装などの小細工をするのは「それが必要な時」だけであり、その場合でも、「それがわかる(推理できる)演出」になっているはずである。

amuro_gloves_f817

ちなみに、手袋の場合は基本現実的な視点でつめは描かれず、手首は特有のシワなどがある。これは画によるのでシーンごとにルールは異なるが、少なくとも、それが手袋と判断できるようになっている。

SDB70によると、60巻くらいから(素手は)常に爪が見えるようになっている。推理ものなんで爪がないと手袋してるかどうかわかからないないためとのこと。
スーパーダイジェストブック(SDB)-70

次男のスマホ

次男のスマホと安室のスマホは色が違う。これは現実的な視点で言えば、「スマホが違うから次男ではない~」と推理するのはあまり良い方法とは言えない。「左手でタバコを吸ったから左利き~」と推理するのが説明として適切ではないのと同じ。

ただ、漫画としては基本的にルール通り描かれている。(最近は利き手以外でスマホを持ったりするシーンも見かけるが。)あくまで、推理として論理的ではないということ。完全に調べ上げた上できちんと法則性があることが証明できれば、それを根拠にした推理でも良いかもしれない。

とは言え、現実的に「2台持ち」という可能性もありえるわけなので、やはりスマホの色だけでは判断すべきではないだろう。コナンも新一とコナン用に2台持っていた。

コナンの世界では通常は1台持ち。FBIのジョディでさえ予備の携帯なんてもっていなかった。2台持ちの場合、コナンがコナン用と新一用に使い分けていたように、2台持つ理由がきちんとある。

しかし、もし2台持っているのであれば組織用とプライベート用で使い分けというのが考えられるが、安室は伊達刑事からのメールは普段使っているIphoneで保存していたし、コナンに使わせたスマホも同じ組織用のものである。(アニメだと、沖矢から受け取ったスマホを使っているような描写になっている。)

amuro_iphone_f843

ここから判断すると、世良と連絡を取り合っているプライベートは黒のスマホで─ というわけではなさそうであり、論理的に考えれば2台持ちの可能性は低い。

まぁ、2台持ちの場合でも、伏線回収後に突然安室のスマホが今まで使っていたものと別になるのではおかしいだろう。基本的には、もし2台持っているのであればそれが事前に明かされるはず。(仮に2台持っていたとしても、スマホの色だけで安室を否定できなくなるというだけだが。)

緋色の~

furukawa_f897

安室は仲間の公安との連絡にも、いつもの白いスマホを使っている。組織は安室の携帯チェックなどはしていない設定のようである。考えてみれば、組織に潜入した赤井はキール編でまだ同じ携帯を使っていたようである。

組織用とそれ以外で白と黒の2台持ちならありえるが、組織用に白のスマホ、公安用に同じ機種で2台目の白のスマホ、真純用に別の機種で3台目の黒のスマホ、などとややこしいことはさすがにしないであろうと思われる。

次男の服装

スマホだけでなくて服装も重要なポイント。このシーンはわざわざ次男の「手」だけを伏線として見せている。スマホは兄の所有している機種を示すけど、服装は適当─ なんて描き方はしないはず。

作者は伏線としているところはわりと細かく意識して描く。このシーンは次男の姿をイメージした上で、そこから逆算して手だけが見えるように描かれたものであると思われる。

okiya_suit_f702

該当のシーンの次男の服は67巻の沖矢の服装と同じようなもの。それもそのはずで、あの手自体が沖矢を意識させるよう描かれているようである。(ただし利き手は除く。)

もちろん、この服で火傷赤井ということはないし、使い捨てとして利用した弁崎にこのタイミングでまた変装する理由もないだろう。

沖矢は外出時はグレーかブラウン、ベージュ系のテーラードジャケットを着ていることが多い。安室のジャケットは完全な黒である。77巻の探偵事務所潜入時にグレー色のパーカーを着ているが、次男の服はパーカーではなさそうだし、白シャツのような素材の何かが見えている。

これもスマホ同様に服が違うから~という理由を根拠にするのは論理的な推理としては微妙なのだが、少なくとも作中ではきちんとした設定があるはずで、これ以前・以降に該当の服装を連想させるジャケットを次男は着ているはずである。

sponsored link
更新日:2015-10-24
コメントはこちら