世良真純のもう一人の兄(次男)|「沖矢昴」論

sponsored link

二人一役の問題点

一人が架空の人物に変装するだけなら適当な人物像を作り上げてそれを演じるだけ。

眠りの小五郎:「誰かそっくりに変装するのは難しいが・・・」「命様が祭りの時のあの厚化粧の顔しか知られていなかったのなら、その難易度は各段に下がる!」 File:283

しかし、二人で「ある人物像」を考え、それを違いのないように演じるとなると、実在する人物に変装するのと同じようなことになる。

変装が多用されているので変装しているのでは?と簡単に考えがちだが、そもそも完全な変装ができる設定なのは黒羽盗一の息子であるキッドと、同じく盗一に変装を習ったベルモットだけである。

有希子:「まあ私はシャロンみたいに誰かそっくりとまではいかなかったけどね・・・」 File:350

ちなみに有希子の技術は一枚落ち。ただし、服部を6時間かけて新一に変装させたりしているので、がんばれば何とかなるようである。声真似はこれまでしたことがないので、恐らく変性機なしではできない。

⇒緋色のエピローグで「身内と灰原の変装は得意」(逆に考えればそれ以外は不得手)ということがわかる。

一般人は性格のトレースはできないし、変声機なしでの声真似もできない。性格については、ベルモットですら新出先生のところへ何度も足を運んで研究している。一度騙す程度なら何とかなるかもしれないが、成り切って生活していくのは難易度が高い。

今回は沖矢は実在する人物ではないとすれば性格のトレースではないが、二人で息を合わせて同じ性格を演じるという、一人だけが真似るという既出人物の場合よりも難しくなる。

見た目の変装について

赤井変装の沖矢はマスクは使用していないように思われる。↓
変装方法について

ミストレでは沖矢が眼を開けることで目の下の隈が現れたが、マスク使用の場合は通常隈は隠せるし、目の形も変えられるので普段わざわざ目を細めてごまかす必要もない。

車内で赤井として登場しているので変装マスクは間に合わないだろうが、降車後の沖矢はいつもの沖矢と変わっていないところからすると、顔はカツラを被り、眼鏡をかけて目を細めているだけのようである。

⇒緋色のエピローグで隈はメイクと判断できる。

元々、コナンは木馬荘には心当たりがあったものの、初対面で沖矢のことを見破れなかったようなので、事前に有希子に変装を施してもらっていたという方法論は引っ掛かるところはあった。

⇒緋色のエピローグで有希子が教えてたまの週末にチェックと判明。

では次男はどうかというと、「似ていない」のが目元だけで、「顔の輪郭が全く同じ」であれば同種のカツラと眼鏡を用意して目を細めれば見た目は可能。変声機も同じ種類のもので同じ声を出すことにする。

しかし、双子であればともかく「兄弟だから顔の輪郭が全く同じ」というのはどうなのだろうか。

元々赤井(長男)と次男は似ていないと言われているわけで… それとも、やはり変装はマスクを使用しており、有希子に二人分のマスクを作ってもらっているとするか。それも強引な解決方法ではある。

二人一役をこなす理由

二人で一人を演じる理由は「一人で灰原の警護をすりのは大変だから」ということが考えられるかもしれない。しかし、沖矢は車の中でちょっとした時間があると、眠りに落ちてしまうという伏線がある。

沖矢は灰原にはスキを突かれて危うく首の下の秘密がバレそうになった。

アニメでは誘拐されたコナンを追うために「さあ急いで」と車を出すも、博士と灰原が準備して家を出るわずかの時間に居眠りしてしまうシーンも追加されている。

沖矢昴の特長「疲れている」の項を参照↓
沖矢昴の特長

赤井秀一も車の中で居眠りをしてジェイムズに起こされたことがあるので、赤井は睡眠障害で居眠り沖矢=赤井沖矢と考えるのも無理ではないかもしれないが…

交代制で灰原の監視をして十分な休息を取っているのなら緊急事態に居眠りなどしないはずで、これはずっと一人で監視しているためにふとした瞬間に寝入ってしまうと考えるのが自然。

二人一役の証明

本来は、変装して中身がバレないように日常生活を送れるのは、変装術者でない限りは架空の人物(もしくは周囲にその人を知っている人がいない人物)を演じている時だけであり、それは一人で行っているから可能なことではある。

仮に二人の顔の輪郭が同じ、もしくは二人分のマスクを使用して見た目を同じに変装。同種の変声機で同じ声を出せたとする。

その場合でも、前述したように、変装の素人である全く異なる人物が中身を演じているのだから、その違いは如実に表れるはず。

作中でも読者が二人の沖矢を判別できるようにその伏線を張っていなければならない。

そのため、沖矢が二人いると考える場合には二人の沖矢それぞれの特長ごとに分けることができるか考えればよい。

次ページへ

sponsored link
更新日:2017-4-7
コメントはこちら