名探偵コナンセレクション【第七回 服部平次編】

sponsored link

服部平次は鈍い男である。感性だとか感覚だとか、頭の働きが鈍いわけではない。当たり前だ。そんな探偵はいない(あ、小五郎がいるか…)。何が鈍いかというと、恋愛に関して、異常なまでの鈍さを持っているのだ。新一も鈍いが、平次はさらに鈍い。幼馴染の遠山和葉から露骨なラブラブ光線を受けておぎながら、彼女の気持ちにも自分の恋愛感情(らしきもの)にも全く気付かない。

和葉が男と一緒にいるだけでイライラするくせに、その感情の原因がわからないのだ。これではコナンに「ガキ」と言われても無理はない。ただし、この鈍さには条件があり、「自分の恋愛沙汰」に関してのみ、鈍さが発揮される。新一に対する蘭の感情や、事件関係者の恋愛に絡んだ心情には、実に鋭い読みや感情を働かせるのだから、本気で野暮な人間というわけではないのだ。

そこから考えると、平次は単に鈍いというわけではなく、「恋愛意識」が薄い、あるいは未発達だという推測ができる。つまり、「彼女とかより男と遊んでる方が楽しいぜ!」みたいな事だ。普通の男子なら、そうは言っても内心は女性に興味深々だったりするものだが平次の場合はマジである。もし「恋愛興味なし」がボーズなら、和葉と一緒にロープで縛られたりしたら、多少なりともドギマギするはずだ(新一はするはずだ)、さらに言えば、彼の特技「女性の水着の柄を当てる」も、まったく邪な気配を見せずにこなしている。

確かに、自分や和葉の気持ちに全く気付いていないと読み取れる描写もあり、横で見ているコナンに馬鹿にされていることもある。この辺はコナンも同じで、自分のことになると蘭の気持ちにちっとも気付かなかったりしている。

ただ、お互い意識したり、ちょっとテレたり意地になったりする描写も多くあり、恋愛意識が薄いと言えるかどうかはちょっと疑問ではある。

元々、名探偵コナンの世界ではほとんどの恋愛は片方、または両方が鈍感か、奥手で言い出せないキャラになっている。登場回数や恋話が多い場合その傾向があり、なぜなら、そうしないとあっという間に進展してしまい、話を引き伸ばすことができないから(笑)

小五郎の推理力が気まぐれというか、話しの都合に合わせて調整されることがあるように、話を進めないために適当にグダグダにして流してしまおうという一種の演出なので、そこだけ見てこういうタイプなんだ、とは一概には言えないようになっている。

恋愛感情が未発達というのは、相手を女性として意識していないことになるが、しかし、物語り全体で見るとそうではない。「男と遊んでる方が楽しいぜ!」であれば、和葉としょっちゅう一緒にいることはないし、男のグループに入ってサッカーをやったりしているはず。

特技についても、性格がオープンなだけであり、そもそも、全く興味がないならそんなことは特技にしていないであろう。

幼馴染にありがちな、小さい頃からの友達としての関係から恋人としての関係へ移る意識の変化に戸惑っているようなところもありそうである。

【堀川りょうさん】インタビュー

インタビュアー:堀川さんと服部平次の出会いは?

堀川さん:青山先生の作品はコナンの前に、「YAIBA」という作品がありまして、それに出させていただいたのが最初なんですよ。庄之助というハゲタカの役でした。その時も、主役の鉄刀は、高山みなみちゃんだったんですね。だから『名探偵コナン』のお話をいただいた時には、「また青山先生の作品なんだ」って感無量だった事は覚えています。

最初に『名探偵コナン』に出たのは、服部平次役ではなくて、その回だけの被害者の役だったんですけれどもね。(アニメ第6話『バレンタイン殺人事件』)。

僕が服部平次にキャスティングされたのって、いろんな要素があると思うのでずが、まず平次は関西弁ですから、関西弁が出きる人って事でのキャスティングっていうのもあったでしょうね。

そういう意味ではアイデンティティーに助けてもらった、みたいなところはあったかもしれません。ただ、大阪弁もジェネレーションによって、違ってきてると思うんですけどね。

今は、結構平たん化してるし僕の時代の親の世代と祖父母の世代は本当に生粋のきれいな関西弁、浪速弁といいますか仙波弁といいますか、そんな感じだったのですが。

YAIBAは鬼丸もですね。コナンは再会組み多いような。(気のせいかも)

どうでもいいですけど、安室透と服部を会わせたくなりました(笑)

最初に出たのが被害者役。なんてことを!でも、名探偵コナンの声優ってモブがちょっとした大物だったりすることもあるんですよね。

アイデンティティーもスキルの一つ、だとは思います。大阪弁、変化してきてるんですね。関東人には区別がつきませんが…

イ:堀川さんは服部平次という男をどのような人物ととらえているでしょうか?

堀:初めて劇場版(第3作「世紀末の魔術師」)をやった時に感じましたけど、熱いというか正義感があって、まっすぐですし、平次は、理想的な高校生だなって思いました。もちろん椎理もできるわけですし、エピソードによっても英語もやっていましたからね。

イ:ジョディー先生とやりあっていましたからね。

堀:それに、剣道・・・剣を持たせたらものすごく強いですしね。そういうところに服部平次君らしさっていうかカッコよさがあるわけで。それを崩さないようにしたいなって思いはありますよ。

一方、推理してないところでは、コナンに「大阪に遊びにこいや」とか「ほんまもんのお好み焼きを食わしたる」なんて事を言う遊び心みたいなのもあるし、そのギャップがあるからいいのかって思うんですよね。彼・・・どういう大人になるんだろうな。探偵になるのかな?それとも親父さんの跡を継いで大阪府警に入るのか?

英語のことを得意げにならずにさらりと流してしまうところさすが。

新一は作家ではなくて探偵になりたいって自分でも言っていたので将来はもう決まっているようなものですが、服部のほうが色々な可能性があってある意味楽しみかも。

探偵でもやっていけそうだし、警察でもいいし。小五郎のようなフリーの探偵よりも、何となく、性格的は父親と同じような警察の方があっているかも。

探偵業の依頼料はもらわない主義を徹底しているのはまだ高校生だからというのもあったとしても、根本的な哲学は大人になっても影響するので、今後も商売にはしないような気もします。親が公務員だからでしょうか、商才のある人はこのくらいの年齢からビジネスを始めたりしますが、あまり金儲け的な発想はなさそう。

イ:和葉との関西弁のかけあいも面白いですね。

堀:和葉ちゃんとは、関西弁同士のカップルですから、楽しいですよ!宮村優子ちゃんも結構お茶目ですからね、全然しっくりいくというか。彼女も神戸出身なのでなんの違和感もなく、関西弁で喋ってくれますから。工藤新一と蘭ちゃんカップルとはまた違う感じで、楽しくやらせていただいています。

平次は和葉に憎まれ口も叩くのですが、そこが関西っぽいところですよね。わざと悪口を言うとか、けなす事によって、それが一種の愛情表現になっている、なんか素直に言うって事は照れくさいし、なんかカッコつけてるるみたいだと思ってる節かあるのが、平次の関西人っぽいところですね。

イ:和葉ちゃんの事をどう思っているか、はっきり言わないんですよね。

堀:でもどうこう言っても最後は守るわけですから、必死になって、彼女の盾になったりとか、彼女を救うために命がけで行動したりとか、そこらへんに本心が出てると思うんですけどね。

そう、全く気付いていない、無垢というよりは、素直じゃないって感じのようなところなのかなと思います。彼女のために必死になるところとか、それが本心で、どちらも半分くらい無意識でってところはあるのかもしれませんが。憎まれ口とかけんかも愛情があるからこそなのかなと。

sponsored link

名探偵コナンセレクション【第七回 服部平次編】」への2件のフィードバック

  1. 管理人 投稿作成者

    >>匿名さん

    すいません、祖父の間違いです。

コメントを残す