サンデー File:898

sponsored link

File:898(緋色のエピローグ)

沖矢復活のシーンはやっぱり探偵団とカレーでした(笑)まぁ、今回の沖矢は消えたわけじゃないので、その時は寂しがるのか、再登場してカレーを持ってきてくれるのか。

日常編のトリックは今後の伏線になるのだろうか、それとも、単に伏線回収だけじゃ足りないのでおまけ的に入れ込んだのか。

そして、今回の表紙でコナンがユニオンフラッグのネクタイをしている。名前からするとスコッチ絡みかな。ラムかもしれないけど。

色々考察ポイントがありそうなので、広く浅く。細かいところはまた後に個別に整理する予定。

有希子:「あら完璧!」「ちゃんと変装できてるじゃない!」

沖矢:「恐縮です・・・」

有希子:「これで私が毎週通って変装のチェックしに来なくても大丈夫ね!」

沖矢:「お世話になりました・・・」

有希子:「まぁ私的には会いに来る口実がなくなってちょっと残念だけど・・・」

コナン:(おい・・・)

ジョディ:「まるで別人ね・・・」

キャメル:「本当に赤井さんですか?」

沖矢:「声は元のままだろ?」「だが、首に付けたこのチョーカー型変声機を使えば・・・」「沖矢昴になれる・・・」

キャメル:「こ、声が変った・・・」

沖矢:「全て変声機を作ってくれた阿笠博士と・・・」「この家の家主工藤優作氏の妻である有希子さんの変装術と・・・」「そしてこの策を授けてくれたこのボウヤ・・・」「江戸川コナン君のお陰だよ・・・」

有希子さん、それはちょっと・・・ まぁ、優作もシャツに口紅がついていたり夜遊びしているようなのでお互い様か。

結局、変装がマスクなのかメイクなのか具体的に説明されていませんが、有希子が教えたということなのでメイクということで良さそう。(さすがに教えた程度で特殊マスクまで作れるのはどうかと。)

メイク道具らしきものがたくさん置かれているし、後に開眼しているシーンでは目の下の隈がなくなっている。ミストレで隈があったのは、変装を解いた後にカツラだけ急いで付けたから。それにもかかわらず、沖矢の顔であったことがマスクは不要という裏づけ。

ミストレの時は煙越しに登場。安室は人影を見ただけだし、沖矢も煙越しだったことを認識しているのでわざわざメイクは落とす必要ないような気がするが… 隈なしの人物を登場させても誰?となるし、そこは漫画の都合か。

目を細めているのは、目で正体がバレる可能性があるから。そこも眼鏡をかけて目が悪いフリをしてカモフラージュというところか。

ジョディ:「でも秀一とどういう関係なんですか?確か元女優さんでしたよね?」

有希子:「あ、ああ実は・・・」

コナン:「ボクの遠い親戚なんだ!」「赤井さんは目立たないアパートに住むって言ってたんだけど、偶然 火事になっちゃって・・・」「だから今は誰も住んでいない有希子おばさ・・・」「お、お姉さんの家に住めばって言ったんだ!」

順番的には、最初に工藤邸で博士の変声機を渡し、有希子の技術を赤井に教え、その後、「目立たないアパートに住む」とのことで、質素な木馬荘に決め灰原の通学を見守っていたことになるか。

もうこの場でジョディに沖矢の件について嘘をつく必要はないので、セリフのニュアンスからすれば、恐らく赤井(もしくはジェイムズに頼んだか)がアパートを自分で探して、後でコナンに住所を教えたというところ。

まぁ、60巻ではコナンは木馬荘には心当たりがあり、最初に火事のあった住所を聞いて、それが自分の知っている場所に近いと考えている。そして、現場を見てその火事で亡くなった人がいないか焦って聞いているところからすると、赤井の状況を心配している。つまり、木馬荘の場所は事前に聞いている。

逆に、沖矢の変装については、初めて見た時から沖矢に気付いていたというよりは、話をしていくうちに沖矢が赤井だと気付いたような描写もあり、これだと沖矢の変装顔は事前に知らなかったことになるんですが。

アパートについては住所を聞いたということで良さそう。変装については今回の話からすると事前に知っていたと考えるのが正しいと思われ、初回の演出はちょっとわかり難いところがあったかもしれません。

有希子に変装を任せて、コナンは変装後の姿を見ていないとすれば辻褄が合うんですが、この件についての説明はこれ以上はされないでしょう。

次ページへ

sponsored link
更新日:2016-9-22
コメントはこちら