サンデー File:894

sponsored link

File:894(緋色の疑惑)

コナン君学校お休み、昨夜博士とコソコソ。間違いなく、何か対策は立ててますね。

マカデミー賞、ジョニービップ(笑)

・・・

コナン:(知人をだませる程の声色と変装術・・・)(それを兼ね備えた女は・・・たった1人しかいねぇ!!)

安室:「意外に遅かったですね・・・」「来てくれないんじゃないかとヒヤヒヤしました・・・」

ベルモット:「彼女のスカーフに似た柄がなかなか売ってなくて・・・」

・・・

コナン:「どういう方法をとったにせよ、屋外で事故に遭わせる計画だったと思うよ!」

ジョディ:「屋外で?」

コナン:「ジョディ先生の服装だよ!」「顔は、今までに撮った写真で変装できるけど、今日着てる服はそうはいかない・・・だったら車内や屋内に入られるより屋外に来させた方が全身も見えて隠し撮りもしやすいしね・・・」

・・・

あのジョディはやはりベルモット。

スカーフの柄違ったのか!!先週じっくりみたけど、作画程度の違いかと…

まぁ、これでベルモットの変装はこれまでのルール通りキッド以下で、準備が必要なことがわかったのは収穫。

スカーフを探すのに時間がかかったり、服装の調査が必要だったりとかなりリアリティを追求している。この部分は今後の考察でも重要なポイント。

ベルモット:「楠田って男・・・」「あなたが予想していた通り・・・」「拳銃自殺したそうよ・・・」「自分の車の中でね・・・」

安室:「やはり・・・そういう事ですか・・・」

キャメル:「ベ、ベルモット!?」「さっきのジョディさんがベルモットの変装だっていうのか?」

コナン:「うん!」「バーボンに何か聞かれたでしょ?」

キャメル:「ああ・・・でも奴には何も答えてはいないよ・・・」「私のような下っ端捜査官には情報が降りて来ないとか揺さぶってはいたが・・・」

コナン:「そうやってあおってプレッシャーをかけて・・・」「仲間のジョディ先生が現れたら気が緩んで口が軽くなる・・・その心理を利用されたんだよ!!」

コナンの言う通り、プレッシャーをかけて揺さぶる話術は安室の得意技。これは初登場の時からやっていました。

ジョディ:「ちょ、ちょっと待って!ベルモットは私達がこの病院に来る事を知ってて待ち伏せてたってわけ?」

コナン:「ああ・・・全てバーボンとベルモットの思惑通りに動いちまったんだ・・・」「事の発端はジョディ先生が澁谷先生から受け取ったメール・・・」「そこから奴らの作戦は始まってたってわけさ!」

ジョディ:「あ、あの「お酒飲もう」って約束のメールが?」

コナン:「澁谷先生はそんなメール出した覚えはないって言ってたんだよね?」

ジョディ:「え、ええ・・・」

コナン:「だったら多分そのメールは、バーボンが澁谷先生の携帯から送信したメールだと思うよ!」

ジョディ:「えぇっ!?」

コナン:「ジョディ先生のようなFBI捜査官の携帯を奪うのは厳しいと思うけど・・・ただの小学校の先生の携帯をこっそりくすねるのは簡単だっただろうし・・・」「澁谷先生に探偵として雇われていて、何度か会っていたならその機会は十分にあるしね!」

いや、どう考えても怪しいし(笑)問題はどんな作戦を考えていたのか。

澁谷先生の携帯は普通に隙を見てくすねたとコナンは考える。

ジョディ:「でも何でそうまでしてあんなメールを・・・」

コナン:「ジョディ先生が澁谷先生に電話をかけるように仕向ける為さ!キャメル捜査官に携帯を借りてね!」

キャメル:「え?」

コナン:「お酒を飲む約束なら時間は夜・・・その頃になるとジョディ先生の携帯が電池切れするのを知ってたんだよ!」

ジョディ:「見張られていたのね・・・」キャメル:「し、しかし何で私の携帯を・・・」

コナン:「FBI捜査官なら誰でもよかったんだ!」「あの夜、澁谷先生が何かの事故に遭えば、彼女の携帯に履歴が残ってるその捜査官もジョディ先生と一緒に現場に呼び出される羽目になるから・・・」

あくまでコナンの考えは想定なので確かなことは言えないが、澁谷先生の携帯はくすねている。そして、ジョディの電池切れも事前調査で知っていたっぽい。

やり方が完全にアナログなので、これが事実であれば、安室は遠隔操作とかハッキング技術とかは持っていないかも。

まぁ、コナンはちょっと安室の実力を見誤っているところがあるのでまだわかりません。

「FBIなら誰でもよかった」ああ、キャメルがドジッ子だから狙われたわけじゃなかったのか。良かった!

というか、最初からジョディに変装してFBI捜査官に近づくというのは、かなり細部まで計画していたということですね。

次ページへ

sponsored link
コメントはこちら