月刊BLT 6月号 2012

sponsored link

藤田「先生は劇場版のコナンを一般の映画館で観たりしますか?」。

青山先生「いやいや、恥ずかしくて、一般の映画館では観ない。でも、”世紀末の魔術師”という作品で、”怪盗キッドを出そう”ってオレが言ったんだけど、本当に作品に登場するのか?と思って、映画館へ、”世紀末の魔術師”の予告編だけを確認しに、ガメラか何かの作品を観に行きましたよ(笑)。あのときの怪盗キッドはオレが描いた原画だったし、スクリーンサイズで観れて感動した」。

内出「先生は映画がお好きで、多くの映画を見ていると聞きました。5作目”天国へのカウントダウン”で蘭が飛び降りるシーンがありますが、あれはダイ・ハードですよねー!?

青山先生「はい、そうですよ」。

内山「今回のコナン君は、冒頭からハードアクションでしたが、どんなアクション作品のイメージとかあったのでしょうか?」。

青山先生「そうだなあ~、ダイ・ハードか24(トゥエンティフォー)かな。それと”パニック・イン・スタジアム”というスタジアムの中が大騒ぎになる作品も少しイメージしたかな」。

「一般の映画館では」なので、一応見てはいるんでしょうか。まぁ、製作中のをある程度見てますよね、たぶん。

でも、「本当に作品に登場するのか?」なので、やっぱりちゃんと見ていないのか??

今回の映画は「ダイ・ハード」「トゥエンティフォー」「パニック・イン・スタジアム」なんかも参考になっているそうです。

松田「コナン君の持っている道具で何か追加してみたいとお考えの道具ってありますか?」。

青山先生「そうね~っ、やはりメガネとか普段から使っているものじゃないとね。もうサスペンダー、ベルトまでやっちゃったからね(笑)。コナンがピアスしているのもヘンだし(笑)。難しいね・・・でもありそうで、なさそうなのがいいね」。

松田「今回の作品で蘭が新一に携帯電話で連絡をするシーンがありましたが・・・」。

青出先生「原作では既にエクスペリアじゃなくてエクスペリカンというスマホを使っていますし、灰原はプ〇ダフォンだし、ベルモットはアイ〇オンだしね」。

「普段から使っているものじゃないと」─ お弁当型FAXのことかー(笑)

コナンがピアス…は面白そう!博士が新しい発明品「〇〇型ピアスじゃ!」と言って、「おいおい、オレにピアスを付けろってか・・・」という展開はあってもいいんじゃないかと。それで、事務所に置いておいたら、蘭が「素敵なピアス」って勝手に付けちゃって・・・ あ、でも蘭もピアスはしないか。

プラダフォンとアイフォンですね。灰原は「CanCam」を読んだり、「フサエブランド」を欲しがったりとブランド好き。それでプラダフォンかな。

組織のメンバーはアップル製品のアイフォンを使っています。コナン側はソニー(コナンの世界ではオニー)のエクスペリア(エクスペリカン)。

松田「コナン君はそのうち、ツイッターとかするようになりますか?」。

青山先生「え~っ、あいつは、つぶやくようになるのかな!?でもオレは”週刊少年サンデー”のツイッターで、つぶやきますよ」。

斉藤「今回も蘭など素敵な女の子たちが登場していましたが”名探偵コナン”という作品の中で特に好きな女の子は誰ですか?」。

青山先生「女の子、限定!?う~ん、やっぱヒロインの蘭かな。好きなのは蘭、そして特別なのが灰原かな」。ミスキャンパス「うん、わかります(一同うなずく)」。

青山先生「”こなん通信社”の中で灰原の一言もオレが考えているんだけど、ほぼ灰原はオレの代弁者になっているね。あと蘭は勇往遭進というか(新一のことを)待っていてくれるのは嬉しいというか・・・あと強いしね。

ちなみに、女の子が強いシーンを描くのって嬉しいんですよ。今、世良(真純)ちゃんも出ているけど、描くのが楽しいですよ…・・・目の下にクマがあるけど(笑)

工藤新一のフェイスブック(偽者)が登場して組織が目をつける… とかも面白そう。

「女の子」じゃなければ、以前のインタビューでは工藤有希子もお気に入りだそう。大好きな峰不二子ちゃんのオマージュなので。

こなん通信社は「シェリーの独り言」のこと。あれは本当に作者が考えているらしい。

世良の目の下に隈があるのは… もうわかっているでしょう。

藤田「学生時代、剣道をされて、今は野球をされ、それもジャイアンツが好きだと聞きました。劇場版の作品で、スポーツに関する題材としてどんなスポーツをやってみたいですか?」。

青山先生「野球だね。でもジャイアンツに肩入れするのも・・・ね(笑)。やるなら世界的に有名なスポーツがいいと思う。オレね、スポーツを観戦するのが好きなんですよ。基本、何でも見ますから」。

内山「私たちミスキャンパスのみんなは色々な学部の子がいるのですが”ミスキャンパス殺人事件”という感じの作品を、もし先生が考えて戴く場合、どういう展開をお考えになりますか?」。

青山先生「例えば”私が一番なのに”みたいなことから事件が・・・。あとミスコン当日に皆さんが審査員をやることになるなら、それが動機になったりしそうだよね」。

斉藤「ミスコンの当日はウェディングドレスや、振袖を着たりはします」。

青山先生「そうなの?ウエディングドレスを着るなら殺人事件に合いそう、やはり白いから血の赤がはえそう」。ミスキャンパス「それ、凄く面白い展開になりそうですね。」

日常編ではサッカーものは多いのに、野球関係は少ないなーと思って調べたら、それなりにはありました。印象薄い… 登場キャラの個性かな。

剣道は服部がやっていて、その関連の事件もありました。「YAIBA」もオマージュされています。

ミスキャンパス事件、そのうち出てくるかも?題材としては面白そうだし、ネタも使いやすそう。

sponsored link

コメントを残す