読売新聞 「親子で夢中 コナン10年」

sponsored link

見た目は子供向け なぞ解きは大人向け

「ここまで続けてこられたのも、読者や視聴者の皆さんのおかげ」と話す原作者の青山

 日本テレビ系の人気アニメ「名探偵コナン」(月曜後7・30)が、今年で放送開始から10周年を迎えた。9日には、これを記念して2時間半のスペシャル「ブラックインパクト!組織の手が届く瞬間」(後7・00)を放送する。原作者の青山剛昌(ごうしょう)に、10周年の感想などを聞いた。(福田淳)

 高校生探偵の工藤新一が、「黒の組織」の開発した毒薬を飲まされ、体が縮んで子供の姿になってしまう。彼は「江戸川コナン」と名乗り、変わらぬ頭脳で難事件を解決していく——。

 原作の漫画は、1994年1月に週刊少年サンデー(小学館)で連載が始まった。すぐに人気を集め、96年1月からアニメ化された。放送回数は昨年末までに424話、平均視聴率は16・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録している。

 青山は、「スタート時は、こんなに続くとは全く思っていなかった。もって3か月かな、と」。「『コナンと同じ年だったのに、新一に追いつきました』というファンレターも来ますが、自分ではあまりに忙しくて、そんなに年がたった感覚がないんです」と感慨深げに話す。

 主人公が小さくなるという発想は、赤川次郎の「三毛猫ホームズ」から。「一つだけ大きなうそをついているが、それ以外のトリックや謎解きはリアリティーを追求している」という。「全然子供向けと思わずに描いています。平気で『絞殺』なんて出てくる。だから、親が読んで夢中になることもあるんでしょう」

 テレビアニメには、今ではあまり関与していないが、年1回の映画版には脚本や絵コンテなどにとことん口を出す。「本当はアニメが好きで、アニメーターになりたかった」と言うだけあって、自ら原画も描く。「やはり自分が考えたシーンやいいせりふの部分は、自分でやりたくなるんです」。映画第10作の「探偵たちの鎮魂歌」は、4月15日から公開予定だ。

 コナン役の声優・高山みなみと、昨年5月に結婚した。「家に帰って仕事のことを忘れたい時でもコナンの声がするんですよ」と苦笑いしつつも、「たまに『こういう時ってコナンはどういう感じでしゃべる?』と聞いて、やってもらうこともあります」と明るい笑顔で語った。

 アニメ化を企画した読売テレビの諏訪道彦チーフプロデューサーも、「ストーリーもののアニメで10年も続いているのは珍しい存在。今でも新番組という感覚で作っている」と話している。

2006年1月6日 読売新聞 Online
www.yomiuri.co.jp/entertainment/tv/20060106et0e.htm

「父と見た思い出のアニメ」上戸彩

 上戸彩が、「名探偵コナン」10周年のスペシャル・サポーターを務めることが決まった。9日の放送から10週にわたってクイズを出題するほか、CMでコナンと共演したり、情報番組でPRしたり、様々な形で番組を応援していく。

 小さいころからコナンの大ファンだという上戸は、「父と毎週見ていた思い出深いアニメ。小学生だった私が見ても楽しかったし、大人も楽しめる。すごく分かりやすい反面、事件は難しくて、犯人捜しは大抵当たりません。劇中でコナンと共演してみたいですね」と語った。

10周年記念時のインタビュー。

「幼児化」という嘘(ファンタジー)を除けば、トリックや謎解きはリアリティーを追求している、とのこと。

ということは、組織編も「これはありえないだろー」という無茶なことまでは考慮しないでも大丈夫…であってほしい…

sponsored link


コメントを残す