サンデー File:889

sponsored link

File:889(ゼロ)

蘭:「ダメだって言ったでしょ?うろちょろしちゃ・・・」

コナン:「だってー・・・」

安室:(・・・・・・)

ヘル・エンジェル:(ダメって言ったでしょ?)(もうケンカしちゃ・・・)

安室:(だってー・・・)

ヘル・エンジェル:(次に怪我して来てももう手当てできないよ・・・)(先生・・・ 遠くに行っちゃうから・・・)(バイバイだね・・・)(零君・・・)

コナン:(謎は解けた!)(当然・・・)(お前も解けてるよな?)(ゼロ!!)

ヘル・エンジェル来たー

ちなみに、この女性の名前はまだ作中で具体的に明かされていないのですが、ヘル・エンジェル(宮野エレーナ)は過去に2回ほど演出と回想で顔出していて、その画とほぼ同じ。(39巻、41巻)

今のところはそっくりさんの別人という複雑なことまで考えなくても良さそうなので、ここは暫定で謎の女性=ヘルエンジェルとしてそんなに突っ込みません。

エレーナが「バイバイ」なので、恐らくこれが安室とエレーナの最後の対面。

安室が「出会った事がある」と言っていた宮野夫婦は安室の幼少期時代であることがわかる。

ということで、宮野夫婦が現在も生きているのか、もし生きていたとしてもどこで何をしているのかは不明。

単なる事故死ではないのは恐らく確かなのであろうが…

まぁ、「普通に生きていて、組織の上層部はみんなそれを知っている」という展開はめんどうなんで、正直、もう亡くなっているか、大人しく隠居していてほしいところではある(笑)

安室とエレーナの関係

ミステリートレインでの伏線から考えると、安室は明美よりもエレーナと深い繋がりがあるのではないか?というのは以前考察した通りで、今回の話を見ると、やはり安室とエレーナは親しい関係であったようである。

(ダメって言ったでしょ?)(もうケンカしちゃ・・・)(だってー・・・)(次に怪我して来てももう手当てできないよ・・・)

会話からすると、安室は幼少期にケンカをしては怪我をして、エレーナに手当てをしてもらっていた─

安室はエレーナを母のように慕っていたようでもある。そして、その時の光景を蘭とコナンの姿を見てフラッシュバック。

このパターンはガンダム論(宮野明美=ララァ・スンのオマージュ説)で触れたように、エレーナは安室にとって優しい母親のような存在であり、明美にその面影を見るというパターン(実際は明美ではなくて蘭で思い出す)と被るところがある。

赤井秀一に執着する理由

明美がララァ・スンのオマージュであるというのは否定されガンダム通りではなくなったものの、細部ではガンダムになぞらえたところも多少出てくるのかもしれない。

安室は優しかったエレーナ記憶を偶然思い出したのか、それともエレーナの所在は今でも気に掛けている存在であり、安室の目的や行動にかかわってくるのかは、今後の進展待ちというところか。

次ページへ

sponsored link
コメントはこちら