月刊名探偵コナン新聞【第一号 SIDE CONAN】

sponsored link

劇場版最新監督 静野孔文インタビュー

以下、ロングインタビューなので特に考察などに関連しそうな部分のみ紹介。全体的にCG,3Dとか技術的な話が多かったです。

Q:青山先生との映画作りの流れを教えてください

A:まず今年はこういった舞台、こういったキャラクターでやろう、みたいなところから話を始めて、(脚本の)ライターさんを交えて、方向性はこう、海上自衛隊の力を借りてイージス艦でやろうとか、Jリーグとコラボしようとか、という感じで舞台設計を詰めていきます。

「ミステリーアニメなので、どういったトリックを使っていこう」みたいに話し合うのですが、いきなりパっと出た青山先生のアイデアが非常にすばらしい。毎回、青山先生の一言から始まり、広がっていきます。物語の中でいかに生かして、本当のミステリーにしていくかは、各脚本家の腕があってこそ、と思います。

Q:コナンのアニメは原作に忠実が原則ですが、映画はアニメと異質のものにならざるを得ません。気をつけていることは

A:作業に入る前にあまり気を使ってしまうと自分の個性もなくなるし、勢いも死んでしまうと思うので、自由にやらせていただいています。各パートで必ず青山先生のチェックを通していますので、大きくぶれずに済んでいます。コナンのタイトルを使うことで許される範囲内で、収まっているんじゃないかと思います。

Q:青山先生のチェックは厳しいですか

A:非常にアニメーションを分かってくださっているので、話していて楽しいですね。電話がかかってきた瞬間に「俺、最近、風邪ひいちゃって。シナリオ会議で監督が目の前にいたから、風邪うつしちゃったんじゃないかなって心配でさ」という感じで、毎回。すごく気を使ってくださる。

「大変でしょ?」「こうしてほしいんだけど、できるかな?」とか。原作者だから「守れよ!」という形でこられると、こちらも「できないものは、できない」というふうになっちゃうと思いますけど、現場を気遣ってくださるので、日程、予算的に難しいところも、先生がやりたいと思うことは何とか映像として取り入れたいと思って、現場に落としています。

任せていただけるところは、任せていただきますし、押さえなきゃいけないところは、ちゃんと押さえています。新作の「異次元の狙撃手」は新しいキャラクターがいっぱい出てくるので、私の方で扱いが間違っている部分などは、的確にアドバイスをいただきます。核心を突くというか、重要な謎の部分をポロっと言われたりすると、「これって、聞いちゃっていいんですかね?」とドキっとしちゃうことがあります。

Q:「異次元の狙撃手」には赤井秀一ら原作でも重要なキャラクターが劇場版としては初登場します

A:脚本の古内一成さんが、すごくキャラクター性もつかんでくれる方なので、それにのっとって画作りをします。セリフだけだと、表情や芝居が間違っている部分が出てきてしまう。つながらない部分も、こちらでセリフを足したりするので、青山先生のチェックを通すことによって、ぶれずに済んでいます。

世良(真純)ちゃんが、男の子っぽい喋り方をするんですが、ここまで男でいいのか、若干、女を混ぜなきゃいけないのか、という迷いがありました。ただ、こちらで悩んでいてもしょうがない。面白いのは、先生に電話で「世良ちゃんのセリフ、ちょっと難しいですね。困っちゃって・・・ご迷惑をかけてすいません」と言ったら、「僕も分かんないんだよね。難しいよね」と。これも気遣いだと思います。

Q:赤井、沖矢昴、世良は原作でも謎めいた人物たちです

A:どこまで映像的に面白味を出すか、というところで、シナリオには書かれていないポーズ、表現、格好良さを出しても、キャラクター性と外れない、というのは気を使う部分です。毎回、チェックの時の電話で疑問をぶつけることに対し、青山先生は、間違えていたら「こうした方がいいんじゃない?」などと、壁を作らないで、不安に思っていることを明確に答えていただいているので、自分が思うキャラクター芝居は遠慮なくさせてもらっています。これまでの監督さんたちが、青山先生といい信頼関係を築いてきてくださったからこそじゃないかと思ってます。

何だかダラッとしてしまいましたが、一応、漫画とキャラがぶれないようにとか、重要なところは原作者がちゃんとチェックしているようです。

異次元のスナイパー

Q:青山先生は「異次元の狙撃手」は漫画にする構成がありながら、映画になったと聞きました。あらためて見所は?

A:リアルな狙撃手の表現と、映画初登場の新キャラクターたちですね。テレビシリーズではできなかったくらいの予算(=人と時間)をかけて動き回りますので楽しめると思います。

Q:青山先生は「初めて原作の先を行った」と語りました

A:ちょっと先を行っちゃうような物語があるんですが、公開されるころに、青山先生がうまく原作でリンクしてくださり、ファンも楽しく見られるんじゃないかと、僕も期待しています。

赤井秀一の生存とかはやっぱり映画で先にやるみたいですね。もう赤井が出るって言っちゃてますけど。

次ページへ

sponsored link
コメントはこちら