ベルモット不老の秘密

sponsored link

ベルモットの飲んだ薬

ベルモットが不老であると考えた場合、それは組織の研究による影響であると考えられる。

そして、その場合はベルモットはいつどの薬を飲んだのか?というのがポイントになる。

最新のAPTX4869

最新のAPTXは灰原が両親から受け継いだ試作段階の薬であり、人間に使うのは新一が初めてだった。

ジョディ:「秀一の彼女・・・殺されたのよ・・・」「数ヶ月前彼らに・・・」 File:599

宮野明美が殺されたのが数ヶ月前、これは新一が幼児化して間もないころだと推測できるが、現在の時の流れは「数ヶ月」くらい。(インタビューで半年程度と明かされる)この情報がなくても、進級のないコナンの世界での時間経過は1年未満であることはわかる。

シャロンと出会ったのは1年前の話であり、その時既に老けメイクの変装であったとするのなら時期が合わない。

また、最新のAPTXの効果はほとんどが証拠の出ない毒薬として作用し、そうでなかったとしてもアポトーシス誘導による幼児化効果が表れる。

大人の姿のまま不老状態であるベルモットはその状態から最新のAPTXを飲んだわけではないことがわかる。

若返りがここ数年であった場合、後述する「一人二役」を行う動機もない。

旧作のAPTX

ベルモットが歳を取っていない、それは薬の影響であるが最新のAPTXではないとするのなら、最新のAPTX以前の旧作を飲んだと考えるしかない。

そうなると、ベルモットはいつどんな効果の薬を飲んだのか?という疑問が生じる。

ここでポイントになるのがベルモットはなぜわざわざ「一人二役」を行っていたのか。

美国島の伏線

有希子:「でも残念だわ・・・年を食っても輝き続けるメイクの仕方をいつか教わろうと思ってたのに、それがあなたの素顔?」「大女優シャロン・ヴィンヤードはただの老けメイクだったなんて・・・」

ベルモット:「あら・・・結構辛いのよ?顔だけじゃなく普段から老けたフリをするのって・・・」 File:823

普段から老けたフリをするのは容易ではないと本人も言っている。そこまでしてシャロンを演じてきた理由のヒントになるのが、28巻「そして人魚はいなくなった」の伏線。

作者が二元ミステリーと同じように組織編にとって重要な位置づけとなるとも言っている話。ジンとウオッカ、灰原が何らかの目的でやって来たことも重要であると思われるが、それだけではない。

一人二役の意味

禄朗:「まぁこの映画は、沙織の特撮と君恵の特殊メイクで金賞を取ったようなもんだから・・・」

「だが、この一年後に本物の嵐にあって、海に出ていたオレの父親やお袋や君恵の父親が海で行方知れずになるとは思わなかったよ・・・」「まさかその船に君恵や沙織のお袋まで乗ってたいともな・・・」 File:282

禄朗:「でも、おまえのお袋は五年前、漁で死んだはずじゃ・・・」

君恵:「私が母さんにしてあげてたメイクも様になっていたし、一人二役より普段から命様に徹した方がやりやすいって母さんが言うから、漁で死んだ事にしたってわけ・・・」 File:283

事件当時130歳とされていた命様であったが、本人は既に亡くなっていた。また、君恵は学生時代に映画コンクールで金賞を取れたことに大きく貢献したと言われるほど高い特殊メイクの技術を持っていた。

命様は君恵がその特殊メイクで母親を変装させたものであり、母は命様と自分自身の一人二役で演じていた。しかし、母は「一人二役より普段から命様に徹した方がやりやすい」と考え、5年前に海で起きた嵐で自分自身を事故で死んだことにして、命様として生きていた。

その母も3年前に殺害され、それから現在まで君恵が母親のように自分自身と命様の一人二役を行っていた。そして、また同じように君恵は事件を利用して本当の自分は死んだことにし、命様としていくていくつもりのようであった。

導かれる答えは ─

変装で一人二役を演じるが、それを続けのは困難なので一人に徹する。素顔を残すか変装を残すかでは逆になるが、理論はベルモットと全く同じ。

ベルモットはある時期に旧作のAPTXにより不老(若返り)状態になった。不老状態とした場合、そのまま歳を取らなくなれば数年後は周囲からおかしいことに気づかれる。若返りだった場合はその時点ですぐにバレる。

そのため、本来の年齢に見せるための老けメイクで元々存在していたシャロン・ヴィンヤードをしばらく演じ、一方で歳を取らなくなった後の素顔である自分をクリス・ヴィンヤードとして世間に認知させる。

そのまま一人二役を続けるのは大変だし、人間いずれは死なないとおかしいことになる。そこで、ある程度の時間の経過とともに老けメイクのシャロンの死を偽装。現在の素顔である新しく作り上げたクリスとして生きていく。

これがベルモットがわざわざ一人二役を行ってきた、というより、行わざるを得なかった理由と考えられる。

ちなみに ─

君恵:「みんな映画が好きで、大学の映研に入って「比丘尼物語」なんてのも作った事もあるのよ!」 File:281

君恵は学生時代に特殊メイク技術を活かした自作映画「比丘尼物語」で金賞を取った。これはシャロンが「ゴールデンアップル」でオスカーを取ったのと同じ。

結局、不老不死で有名な美国島で特殊メイク技術を持った女性が一人二役を演じて一人に徹するために事故死を偽装する話というのは、そのままベルモットの秘密を暗示したもの。

賞を取ったこと、その映画のタイトルがどちらも「不老不死」を意味するというところも重なっている。

服部:「そうや・・・もっと早よ目ェ覚ますべきやったんや・・・」「不老不死なんちゅう悪い夢から・・・」

「命には限りがあるから大事なんや・・・限りがあるから頑張れるんやで・・・」 File:283

仮にベルモットが歳を取らない身体であるのなら、同じ話で服部が言ったこのセリフが後でまた出て来るかもしれない。

ベルモットが薬を飲んだ時期

ベルモットがAPTX4869以前の旧作を飲んだ。そして、その旧作ではまだ幼児化の成功にまでは至っておらず、不老(若返り)のみ作用したと考えられる。

恐らくではあるが、その旧作による成果も最新の4869同様に偶発的な成功であり、ベルモット以外には成功していないのではと思われる。他のメンバーも不老や若返り状態であると推理漫画的に話がムチャクチャになりそうな。

また、ベルモットが組織の研究を良く思っていない。幼児化の成功情報が組織に入らないようにしているところや、組織が灰原が監禁された部屋から脱出したカラクリに全く気づかず、幼児化という万一の想定をして灰原を捜索していないところからも、ベルモットは自分の秘密を組織に知らせていないのではという可能性も考えられる。(コナンや灰原の幼児化は秘密にしている。)これは、今後の展開で徐々にはっきりしていくところではある。

では、ベルモットは一体いつ薬を飲んだのか?という最後の疑問。いつの段階でテロメアーゼ活性(若返りOR不老)による期待された効果が成功していたのかという問題でもある。そして、その効果は具体的に不老なのか、若返りなのか、その両方なのか、というところ。これも想定しかできない上に、パターンもいくつか考えられる。

いくつかのポイント

一人二役の準備と必要性 ─

薬を飲んだ時期と効果を考える前提として、架空のクリス・ヴィンヤードを作り出して世間に認知させる時間が必要であることと、あえて大変な一人二役を演じざるを得ない状況であったということが重要。

例えば、10歳程度若返ってその後老化をしているのであれば、女優の見た目が10歳程度若いのは何も不自然なことはないし、老化を続けているのなら一人二役などしなくてもそのままで問題ない。また、2,3年前にいきなり ──

クリス:「始めまして、クリス・ヴィンヤード(27)です!」

シャロン:「実は隠し子がいたんです!!」

というのは、いきなり27の隠し子宣言をしたら大騒ぎになるだろうしちょっと厳しい。まぁ、シャロンはクリスが「私の娘として鳴り物入りであっさりデビューし、ちやほやされてる」と言っているし、博士の話では「1年前のシャロンの葬儀までクリスは一度も撮影以外でマスコミの前に出た事がなかった~」などと言っているので、それなりに急造だったニュアンスはある。

組織の研究を進められる人物 ─

王道漫画的に考えれば、若返りや幼児化という非現実的な研究を成功させることができるのはマッドサイエンティストと言われた宮野厚司と宮野エレーナ、そしてその才能を受け継いだ娘の宮野志保だろうと思われる。

娘の志保はアポトーシス誘導(体が縮む)による幼児化を成功させた。灰原はまだ18歳なので、両親の研究を受け継いだのはここ数年と考えると不老を成功させたのは宮野夫婦の研究ではないかと考えられる。

宮野夫婦は成功しなかったが、その後研究を続けたモブが成功させていた… というのは微妙な展開。

宮野夫婦は18年前に何らかの理由で姿を消すことになるが、もし研究を続けられない状態であるのなら、灰原が研究を受け継いでAPTX4869を作るまでの間の18年は研究はほとんど進歩していないのでは?と思える。

まぁ、これは漫画的にはという推測であり、宮野夫婦が生きていて研究を続けているということもありえる。ただ、姿を隠さざるを得ない宮野夫婦とベルモットがここ数年以内に対面できる環境にあり、作った薬をベルモットが飲むというパターンはちょっと違和感がある。

ベルモットは薬の研究に反対の立場であり、灰原が密かに成功させた薬の成果のことを組織に黙っている。そして、組織もまた薬の研究が進んでいることを知らない。また、ベルモットの宮野夫婦は死んだという発言は嘘をついているようではない。(ベルモットは宮野夫婦は死んだと思っている。)

薬の開発に反対し灰原の命を狙っているわけだし、これらの情報から推測するに、宮野夫婦が仮に生きていたとしても組織内ではやはり死んだことになっているのではないかと思われる。

薬を飲んだ理由 ─

ベルモットがなぜ薬を飲んだのか?灰原のように自殺するつもりで飲んだというのが一つ考えられるが、証拠が残らない毒薬の効果があるのは最新のAptx4869である。ただ、旧作も証拠は残るが、失敗すれば死ぬ薬であったという可能性はあるかもしれない。

もう一つは薬の被験者となった可能性。この場合は幹部クラスのベルモットが被験者ではおかしいので、後述するパターンのみにほぼ限定される。

次ページへ

sponsored link
更新日:2018-5-8
コメントはこちら