ベルモット不老の秘密

sponsored link

シャロン・ヴィンヤードの年齢

シャロンの実年齢は明らかにされていない。年齢を推測できる材料が全くないわけではないが、あくまでおおまかかな見当をつける程度である。

見た目年齢

まず、シャロンは「老けメイク」で年齢相応に見せていた。普通はムービースターであれば年齢よりも若く見せようとするものだが、老けメイクは素顔が若いと疑われないように年齢相応に見せるのが目的であるのだから、見た目年齢が本当の年齢に近いものであると考えられる。

スターなのだから、多少は若く見えても変に思われることはないと若干若作りすることはあっても、やりすぎては意味がない。と考えても、違和感を感じるほど実年齢とは違わないであろう。

工藤有希子(37歳)は元女優だけあって年齢よりも若く見えて当然だが、シャロンは一回りは上と考えられる。

sharon_looks_f351

まぁ、ミステリートレインで有希子は「年を食っても輝き続けるメイクの仕方をいつか教わろう」と言っているので、公表されている年齢よりも若く見えるのかもしれないが…

ただ、NY編のシャロンはお世辞にも若く見えるとは思えず、見た目は40代後半~50代くらい。50代半ばくらいかもしれない(笑)これでも若く見えるのなら、50代かも。

20年前

20年前にジョディが見たベルモットは今とそんなに変らない。現実的な視点ではジョディの記憶なので当てにならないのだが、漫画なので「実際にそこにいたベルモットが全然違う顔でした」ということはない。

20年前が現在29歳の姿とそんなに変らないとして、さらに20年経過しているのなら単純計算で49歳前後ではと想定できる。

この時点で既に不老状態であったとすればさらに上になるのだが、後述する薬を飲んだ時期を考えるとまだ不老状態(少なくともそれほど経っていない)ではない可能性が高い。

もっとも、組織のプロジェクトは半世紀前に始まっているが、宮野厚司が研究に加わったのが30年前でそれより前に漫画的な薬ができていたとは考え難い。(エレーナは不明であるが、安室や博士のセリフからもっと後ではないかと推測できる。)

30年前に29歳程度の見た目で老化が止まっていたと考えても現在60歳程度である。

変装術を習った時期

新一:「何でその大女優が他人に変装できるかって聞いてんだよ!!」

有希子:「あら、前に話さなかった?」「私がまだ女優になりたての頃、女スパイの役が回ってき来て、役作りのために有名な日本の奇術師の所に弟子入りして変装術を教わったのよ・・・」「その時シャロンも似たような役のために来てて仲良くなったってわけ!」「まあ私はシャロンみたいに誰かそっくりとまではいかなかったけどね・・・」

新一:「ああ・・・よく母さんがふざけてやってたのは変装っていうより仮想だったからな・・・」 File:350

黒羽盗一に変装術を習ったのは有希子がデビューしたての時で、ベルモットも似たような役のために来てて仲良くなった。(ベルモットも既に女優であった。)

有希子は高校時代にデビュー。19歳のときに数々の賞を受賞する天才女優として伝説を残したが、優作との大恋愛の末弱冠20歳で芸能界を引退。

有希子が変装術を習った時期 ─

有希子:「でもプリンセスなんて言われたの高校の学園祭以来よ!」

英理:「懐かしいわね・・・あの時のミス帝丹は、姫と女王の対決で盛り上がったから・・・」

蘭:「そ、そういえば園子に聞いた事がある・・・」「20年帝丹高校を震撼させた、伝説のミスコンがあったらしいって・・・」「対決したのは、愛くるしい顔立ちに天才的な演技力で鮮烈なデビューを果たし、世界中のマスコミの注目を集めた・・・」「帝丹高校のプリンセスと・・・」「卓越した頭脳で東大入試問題をパーフェクトにクリアーし、16歳でハーバード大学へ留学を勧められた才色兼備の帝丹高校のクイーン!」 File:414

20年前の17歳の時に既にデビューしていた。結局、20歳(デビューからせいぜい3,4年程度)で引退してしまったため、「女優になりたての頃」が曖昧なのだが、17歳と仮定しても、変装術を習ったのは20年くらい前のことになる。

変装術は役作りのために習ったのであり、賞を総なめにしたのがその技術があったからとも考えられるので、もう1,2年後くらいの可能性もあり。

シャロンが変装術を習った時期 ─

シャロン:「死ぬ思いでスクリーンデビューしたその日に、父と母を火事で亡くし・・・」「オスカーを取った翌日に夫が病死・・・」 File:350

赤井:「あんたに付けた標的名だ・・・・・・」「大女優シャロンが脚光を浴びたのは、舞台のゴールデンアップル!あの時のままアンタは綺麗だが・・・」「中身はシワシワの腐った林檎ってな!!」 File:434

シャロンがオスカーを取ったのが脚光を浴びた舞台のゴールデンアップルであり、それが変装術の影響だったとしたら、盗一に弟子入りした時期は有希子と同じなので20年程前のことになる。(最初から一人二役をやるつもりだった可能性もあり、その場合は大規模な実験のあった18年前の可能性が高い。)

シャロンの変装はキッドと同じレベル(ただし完成後と言う意味で、瞬間変装のマジックは無理)であり、本当に役作りのために技術を取得したのならこれがきっかけという可能性は普通に高い。(美国島の伏線も特殊メイクによる自作映画「比丘尼伝説」で金賞なので、シャロンのゴールデンアップルのオスカーも特殊メイクによるものか。)

「あの時のままアンタは綺麗だが」というセリフは今でも「綺麗」だと言う意味なので今と同じとは限らないのだが、大体同じくらいではと思われる。見た目がほとんど変っていないから「あの時のまま」なのである。

となれば、20年前は今の29歳前後の姿と仮定できるので脚光を浴びたのが変装術の助けもあったと考えるのなら、これも20年程度プラスした50歳くらいと想定できる。

少なくとも、賞を取ったのが10年くらい前の話では今も綺麗であることに不思議はないので「あの時のままアンタは綺麗だが」と違和感を感じるということは、それがありえない年齢であるということ。

yukiko_sharon_f350

盗一に変装術を習った二人の姿が描かれた回想。有希子は明らかにまだ10代の少女。シャロンは10代には見えず20代~30代前半くらい。

となると、やはりシャロンの年齢は有希子+10歳~程度が目安というのは見当外れではないように思える。

クリス・ヴィンヤードのデビュー

クリスがデビューした時期がは残念ながら明らかにされていない。

これがわかれば、シャロン・クリスの一人二役を行いクリスに乗り変ろうと準備し始めた時期がはっきりし、それにより不老になった時期を絞込むヒントにもなるのだが…

コナン:「博士・・・ホームページっていえば・・・あれ調べておいてくれたか?」

博士:「ん?」

コナン:「アメリカのムービースター・・・」「クリス・ヴィンヤードの事だよ!」

博士:「あぁ・・・君に言われた通りチャットに潜り込んでファンの人達に色々聞いたよ・・・」

コナン:「それで?」

博士:「それがよくわからんのじゃよ・・・」

コナン:「大女優である母親のシャロン・ヴィンヤードは有名なんじゃが、娘のプライベートは一切謎に包まれておってのォ・・・」

博士:「なにしろ撮影以外でマスコミの前に現れたのは、一年前のあの日が初めてだそうじゃから・・・」

コナン:「あの日って?」

博士:「母親のシャロンの葬儀の日じゃよ!」「ホレ、日本でもニュースでチラッと放送されたじゃろ?」

コナン:「あ、ああ・・・」

博士:「その時、葬儀に潜り込んでいた質の悪い雑誌記者が彼女を質問責めにしたそうじゃ・・・」「「通っていた学校はどこか?母親との不仲説は本当か?父親はいったい誰なのか?噂の恋人はこの葬儀に来ないのか?」とな・・・」

「じゃが彼女はノーコメントの一点張りで・・・」「業を煮やした記者の一人が「知られたらマズイ事でもあるのか?」と、声を荒げたら・・・」「彼女は母親の棺を背にして・・・」「口元に笑みを浮かべながらサラリと言ったそうじゃ・・・」「A Secret makes a women women・・・」

コナン:「「秘密は女を女にする」か・・・」

博士:「そーいえば、アメリカのニュース映像には葬儀の参列者の中に日本の有名女優の姿も映っていたそうじゃが・・・」「クリスのその言葉が印象的すぎて・・・」「それが誰だったか誰も覚えていないそうじゃ・・・」 File:344

シャロン=クリスの前提で考える場合、「大女優である母親のシャロン・ヴィンヤードは有名なんじゃが、娘のプライベートは一切謎に包まれて~」というのは当然である。

本物がいるかどうかはともかく、シャロン=クリスのクリスは架空のクリスであり、シャロン自身。元々は存在しないからである。

ベルモットは「幼児化」したわけではないので、「通っていた学校はどこか?」と言われても答えようがない。あくまで大人のベルモットがクリスとシャロンの一人二役。子供には変装できないので、クリスのデビューは早くても10代後半と推測できる。現在公になっているのが29歳とすれば最速で10年前くらい。

「母親との不仲説」はシャロンとクリスが同一人物であるため一緒に出演などできないから、そのため不仲を装っている。後に有希子にも話しているところからも、自分で色々なところに噂をばら撒いて根回しをしていると考えられる。

「父親はいったい誰なのか?」というのは、クリス自体架空の人物であるため、父親すら存在しない可能性も。というより、「父親がわからない」ということが、クリスという存在自体作り上げられた人物という伏線でもありそうだが。

まぁ、組織の誰かだった場合は明かすことなんてできないだろう。ジンとマティーニを作っていた伏線からすると、ジンとベルの子供はいるのかもしれない。

それがクリスで、ネット上でよく噂になっている「薬の影響で赤ちゃんの状態のまま成長しないでいる」というのはありかもしれない。その場合、多分ベルモットはその赤ちゃんのことは黙っているのではと思うが…

シャロン:「死ぬ思いでスクリーンデビューしたその日に、父と母を火事で亡くし・・・」「オスカーを取った翌日に夫が病死・・・」「私の娘として鳴り物入りであっさりデビューし、ちやほやされてるクリスとは雲泥の差だわ・・・」

有希子:「またまたぁー手塩にかけた自慢の娘なんでしょ?」

シャロン:「あんな子、もう娘とは思ってないわよ・・・」

有希子:「え?」

シャロン:「信じられる?」「あの子、夫の墓に花を添える私の背後に立ってたのよ?」「夫そっくりに変装して・・・」「ジョークにしてはブラック過ぎると思わない?」

有希子:「そーいえばシャロン言ってたわね・・・」「娘にせがまれて変装術を教えたって・・・」

シャロン:「あの子とはそれっきり・・・」「もう10年近く会ってないわ・・・」「質の悪そうな友達とつるんでたみたいだし・・・」 File:350

この話も、あたかも夫と娘が存在しているように思わせた話で眉唾物。

ただ、「10年近く会ってないわ」の10年は適当に出した年数ではなくて、クリスをデビューさせて「母親との不仲説」を吹聴してうまく一人で二役を演じてきた時期と合わせている可能性もある。

次ページへ

sponsored link
コメントはこちら