クライマックスで見たいシーン集

sponsored link

先日行われた「青山剛昌先生と話そうDAY!! 2014」のイベントは大手メディアでも紹介されました。

その中で、こんな記事も…

物語がクライマックスに近づいていることもあり、ファンからは核心をつく質問も相次いだ。

【朝日新聞】「黒の組織ボス、もう登場」 コナン作者・青山さん

噂が勝手に一人歩きしているようですが、これは真実なのでしょうか(笑)記者が裏情報を掴んでいるのか、それともただの暴走か。

まぁ、組織編がいいところまで来ているというのは何年か前に発言していたし、2年前には100巻まで続くかわからない(後に撤回)と言っていたので、あながち間違いではないかも?

ラストシーンは多くのコナンファンが妄想して楽しんでいるだろう最大の山場。せっかくなのでちょっと考えてみました。

「こんなシーンはありそう~」みたいのは以前も書いたので、今回は「こうなってほしいな~」というほとんど妄想編。

オールスター総出演

☆新一&服部コンビ復活!

final_heiji

完全に蚊帳の外にに追いやられてしまった感がありますが、大親友である服部の活躍が見たい。赤井とのタッグも良いけれど、やっぱり工藤新一にとって最高のパートナーは服部でしょう。

ジョディのマンションに乗り込んだ話はわくわくしました。厳密に言うと、二元の時は別の場所にいたし、服部は組織とそう深くは絡んでないんですけど。ウオッカに顔を見られたくらい?

作者としては服部の位置づけは組織キャラではないのかも。

でも、ラストくらいは… コナンが組織との最終決選に挑むことを知らずに、大阪でのんびりお好み焼きを食べているなんてことはきっとないはず?

服部:「何しとる工藤!俺は大丈夫、早よ行けー!!」

ってベタな展開ですらむしろ希望。

☆警視庁組大ピンチ!?

final_megure

今のところ組織とは具体的に絡みのない日本警察。このまま最後まで組織の存在を知らずに最後に逮捕だけ──

と言うよりも、日本警察のプライドをかけた組織との対決をやってほしい。ちょっと厳しいかも…

「このままじゃ米花町だけでなく、東京そのものが壊滅する!」「食い止めるためには我々が犠牲になるしかない・・・」

あれ、この展開前にどこかでみたような。(爆弾とか高木刑事とか・・・)

「探偵たちの鎮魂歌」で目暮警部と白鳥警部が覚悟を決めた時のような演出がほしい。目暮警部、高木刑事、白鳥警部、諸伏&敢助が殉職覚悟で決死の強行で組織に挑む!!

群馬県警とかは… まぁいいや。千葉刑事は入れておくか。佐藤刑事、苗子、小林先生女性陣は固唾を呑んで待機。ということで、基本恋愛ネタのある刑事のほうがいい。

ただ、本気の目暮警部はかっこいいので参戦。松本管理官は指示だけかな。

死んだと思ったらみんな生きて帰って来たーってこれも王道だけど。

☆園子も絡んじゃう?

final_sonoko

「蘭だけ危険な目に遭わせるわけにはいかないわ!私も一緒に戦う!!」

はい、需要ありませんね(笑)それどころか、「出てくんなうぜー」とか言われそう。

でも、個人的にはオールスターなら全員の活躍が見たいと思っています。

園子も薄情なところがありそうで、蘭に対しては厚い友情を持っているんですけどね。レ〇疑惑も出ましたが、男好きなところを見ればそれはないでしょう。

キャラ人気というのは重要なので、舞台設定や推理は悪くなかった「紺碧の棺」も蘭と園子の友情じゃなくて新一と服部の友情だったらきっとそれなりの人気作品になっていただろうに。

新一と服部の背中合わせはちょっと見てみたい。でも、服部は剣術が使えるけど、新一はサッカーボール蹴るくらいしかできないから演出が微妙か…

せめて、園子よりも蘭と和葉の背中合わせだったらもう少し評価されていたかも。

☆蘭は普通に出て来そう

final_ran

これは妄想するまでもないかもしれない。「新一が組織と戦っていることを知ったら蘭が黙っていられるはずないからダメ」というのがもう最初の設定でもありフラグでもある。

作者は忘れているのか、そろそろ「バレてもいいかも」なんて発言をしたとかしないとか。クライマックスまで知ったらダメでしょう。

で、やっぱり大事なところで出てきちゃうと。これはいい性格なのかウザい性格なのか。

ありがちな、「そんなところで出で来るなよー逆にピンチになったじゃんか!」みたいな、苦労して助けたと思ったら、また出て来て助けた意味がなくなるパターンの行動は慎んで頂きたい(笑)

次ページへ

sponsored link
更新日:2015-10-22
コメントはこちら