考察 【File:879】 コナンが世良を思い出せない理由

sponsored link

領域外の妹

蘭とコナンは過去に領域外の妹とも会っていると考えられる。

世良と領域外の妹、二人とも同じ瞬間に会っているとは限らないのだが、同じ過去編でやるのであれば同時期(同じ日など)に会っている可能性が高いので、世良を思い出せない理由は領域外の妹を思い出せない理由から考えることもできるかもしれない。

蘭が領域外の妹に見覚えがある

世良:「悪かったわね!」「ペチャ〇イで!」「でも、ママは結構巨〇だから、ボクもその内出てくるはずだよな!」

園子:「ま、まぁ・・・」蘭:「そ、そだね・・・」 File:771

世良:「それはこれからボーンと出て来る予定さ!」「まぁママもやせてたけど、割りと胸はあったから心配してないけどね!」「なぁ蘭ちゃん!」

蘭:「う、うん・・・」(会った事ないけど・・・) File:778

世良登場初期の伏線。世良は蘭にわざと自分の母のことを知っているような前提で話をする。

ただ、後の世良の態度を見ると、蘭に過去のことを思い出して欲しいわけではなさそう。この会話は伏線を張るための漫画的な都合か、あるいはちょっとからかったような感じかもしれない。

蘭:(あれ?)(あの子も・・・)(どこかで・・・)

■ 蘭は世良や「領域外の妹」と会ったことがあるようだが・・・!? File:905

outside_sister_f905

蘭は世良と過去に出会っていたことを思い出しかけるが、同じく世良と一緒にいた領域外の妹を見ると、「あの子もどこかで」と思い当たる節がある様子。

蘭が領域外の妹を見るのはこれが初めてのこと。世良との過去の記憶が蘇り始めたことがきっかけということもあるかもしれないが、初見でピンと来ているところは世良の場合と大きな差がある。

世良:登場初期から何度も見ているのに疑問に思っていなかった。
領域外:遠くから一目で気づく。

こう考えると、世良はやはり外見(あくまで蘭の記憶の中での認識)に問題があるような気がしないでもないが… ただ、蘭の記憶の世良は今とあまり変わっていない。

領域外の妹を見て「あの時の」とならないのは、恐らく領域外の妹が幼児化しているからではないかと思われる。(領域外の妹=母と仮定)

世良の発言からすれば、蘭と世良母が出会ったのは幼児化前の出来事。蘭は幼児化という現象は想定できないので、過去に出会った世良母の顔と現在の領域外の妹の顔がシンクロして既視感を覚えているような状態。

もしそうであるのなら、領域外の妹を思い出せない理由は年齢が一致しないだけであるので、もし蘭が元の姿の世良母を見て「あの時の」と思い出せるのであれば、世良を思い出せない理由はまた別にあることになる。

コナンが領域外の妹に覚えがある

コナン:(誰だ?)(この子・・・)

(・・・・・・着信後にあの画面にするには、あの写真を表示したまま放置しなけりゃならない・・・)(─って事は・・・)(オレにわざわざ見せた?)(何の為に・・・?)

《謎の少女は一体・・・!?そして世良の真意とは!?》 File:875

コナン:(・・・・・・)(兄2人を持つ3兄妹で・・・)(親戚を1人も知らないんなら・・・)(誰なんだよ?携帯の画面に写ってた・・・)(世良によく似た女の子は!?) File:876

蘭:「どうしたのコナン君!怖い顔して・・・」

コナン:「お、女の子見なかった?」「いたんだ!この人込みの中に・・・」「世良に良く似た・・・」「中学生くらいの・・・」

蘭:「世良さんと似てる中学生?」

園子:「でも、あの子妹はいないって言ってたし・・・」

蘭:「見間違いなんじゃない?」

コナン:「・・・・・・」 File:877

世良:「どう?彼の事気に入った?」

謎の少女:「まだ信用するには程遠いが・・・」「もしも彼がしびれを切らして私の事を尋ねたらこう答えなさい・・・」「領域外の・・・」「妹だとな・・・」 File:878

コナン:「あ、いや・・・」「どーやら世良の奴、ホテルに自分そっくりな中学生ぐらいの女の子をかくまってるみたいでさ・・・」「気になって気になって昨日メールでその女の事を聞いたら・・・」「「あの子は領域外の妹さ」」って返信が来てよ・・・」

灰原:「だったら妹なんじゃないの?」

コナン:「でもアイツ妹はいないって言ってたし・・・領域外って何なんだよ?」「それにオレ・・・」「世良の奴とどっかで会ったような気がするんだよな・・・」

灰原:「じゃあまずはそれを思い出すのね・・・」

コナン:「─ってオレも思ってんだけど・・・」「覚えてんのはあの八重歯ぐらいで・・・」 File:879

領域外:「本当に信用できるのか?」「この江戸川コナンという少年・・・」「頭は少々切れるようだが・・・」

・・・

領域外:「くれぐれも慎重に事を運べ・・・」「こちらの期待に値しない輩だったら・・・」「早々にここを立ち去り・・・」「新たな根城を探さねばならんのだからな・・・」 File:903

大将:(ホラ!ハンカチに刺繍されてるだろ?)(「マリ」ってよ!)

コナン:(いや・・・これはマリじゃなく・・・)(Mary メアリー)(じゃあこれは世良真純のハンカチじゃなく・・・)(世良と一緒に写真に写ってたあの少女のハンカチ・・・)(あれ?何でオレそう思ったんだ?)(世良真純の本名が「メアリー」って場合もあるじゃねぇか・・・)(どこかで会って名前を聞いた事があるんだ・・・)(でも一体どこで・・・!?)

■ コナンの記憶に残る「メアリー」とは・・・!? File:930

mary_f930

最初にコナンが世良のスマホで領域外の妹の写真を見た時、そしてホテルの廊下で領域外の妹本人を見かけた時も、コナンは「見覚えがある」と感じることは一切なかった。世良はやや後出し的ではあるが、八重歯(のみ)に覚えがあるので顔の記憶(一部)がある。

一方で、世良はコナンのことを良く知っているけれど、領域外の妹はコナンのことを「まだ信用するには程遠いが」と言ったり、「本当に信用できるのか」と世良に聞いている。

また、世良は蘭には母のことを思わせぶりに話しているが、コナンにはしていない。蘭は領域外の妹にすぐに気づいたが、コナンは全く見当もつかない。

上記のやり取りを見ると、コナンと領域外の妹は過去に接点はなかったのかもしれないと考えられたのだが、コナンも「どこかで会って名前を聞いた事がある」と思い出しかける。

世良がスマホで写真を見せたのも、コナンに思い出してもらう意図があったのかもしれない。(単に今後二人を会わせる布石にしたかったという可能性も。)

初期の反応などを総合的に見ると引っかかるところもあるが、とにかく何らかの形で会っているということは確かのようである。

問題はコナンと領域外の認識で、共に過去に面識があったとは思えない反応。これは、世良とコナンは過去に大きな出来事があったのに対して、領域外の妹とコナンの出会いはその後に迎えに来た母を世良が紹介した程度であったからとか。

これなら、世良がコナンのことを「魔法使い」と称する一方で、領域外の妹がコナンを信用していない理由も説明がつく。

ただ、紹介をしたのなら、名前に聞き覚えがあるのに顔に見覚えがないのはなぜなのかという疑問は残る。正直この辺はどうにも言い訳ができるところではあるが…

蘭:遠くから一目で気づく。
コナン:何度か見ても全くピンと来ない。一方で名前には強い記憶が残っている。

これは確かに違いがあるように思われる。恐らく、蘭と領域外の妹にはコナンと領域外の妹より多少はエピソードがあるのかもしれない。

そして、なぜコナンは領域外の妹を思い出せないのか。蘭の場合は幼児化という大きな壁があるとして、コナンの場合もまさか自分や灰原以外が幼児化しているなんて思いもしないのはわかるが、頭の切れるコナンが、自身の幼児化という体験をしていることからも、そうした発想に至れないわけではない。

もしかしたら、領域外の妹もコナンが幼児化していることに気づいていないがために、コナンを信用していなかったり。ただ、それなら世良は本当のことを教えれば、わざわざコナンをテストして認めさせるなんてことしないでも話は早い。この辺はあれこれ考えればどうにでもできてしまう。

思い出せない理由に幼児化が障壁になっているとして、やはり、蘭は領域外の妹の顔に覚えがあるのに、コナンは名前は思い出せても顔に覚えがないという違いは違和感がある。コナンが領域外の妹を思い出せないのはむしろ逆の発想で、顔を良く知らない(覚えていない)ので誰かが幼児化した姿とは思っていないのではないかと考えることもできる。

いずれにしても、コナンと領域外の妹は世良とコナンの関係よりも浅いようなので、コナンが世良を思い出せない理由とはまた別に問題で参考にはならないのかもしれない。

もしかしたら、顔の記憶力が蘭>コナンだったり。でも、世良の顔に早く気づいたのはコナンのほうで、蘭は「世良ちゃん」をきっかけにしたほぼ後出し。コナンと違い「さざ波」という感覚的な記憶だけで、顔に既視感を覚えることはなかった。一応、コナンに対する世良の「魔法使い発言」の記憶から、コナンと蘭、世良は三人一緒に出会ってはいる。なので、記憶力の設定とかの問題ではなさそう。

sponsored link


考察 【File:879】 コナンが世良を思い出せない理由」への8件のフィードバック

  1. 管理人 投稿作成者

    >>考察協力者 さん

    一番最初に考えるパターンですが、たぶん書いてあったと思うのですが、記事が違ったかもしれません。時間があったら確認してみます。

    矛盾点があるとすれば、コナンと蘭は世良と会った時に男性と思い込んでいたので、過去の世良に対しての記憶が男性であったのなら、最初に何かピンと来るはずである。ということと、

    蘭が世良の事を「世良ちゃん」と呼びにくい理由が過去に「世良君」と呼んでいたからとも考えられるのですが、蘭は世良のことを少し思い出した瞬間に「世良ちゃん」と呼べるようになった。ということは、蘭の過去の記憶のイメージ=「世良ちゃん」で結びついたと解釈できることです。

  2. 考察協力者

    漫画の王道で学校が違っていたし名前が真澄だから男の子だと蘭も新一も思っていた。世良自身も小学校時代秀一の影響でスボンばかり履いてたり男ぽっい格好していたんじゃないか、それと初登場時から、自分を
    僕と言っている蘭たちも読者も男と思っていた、だから子供の時から新一も蘭も男の友達と記憶してるからなかなか思い出せないだけ、

  3. 管理人 投稿作成者

    >>通行人さん

    複数の説が一緒になっていてわかり難いのですが、コナンが世良を見ても思い出せない理由についてはAPTXによる後退化により想定される年齢と姿が変っているからということでしょうか?領域外がAPTXによる後退化で現在中学生の姿だとすると、世良までAPTXによる後退化で、現在17歳の姿と考えるのはちょっと難しいかもしれません。コナンのことが好きだったのは間違いないよなので、実年齢の差はそれほどないのではないかと。

    後半部分はすいません、ちょっとわかりません(笑)エレーナは薬の開発者ですから飲んだ可能性はあると思います。もちろん、ベルモット並みに超重要人物です。コナンと過去に会ったことがあるかは不明です。世良と灰原はそれぞれの両親が姉妹である可能性があるので、蘭が世良を見て灰原との出来事を重ねるということもありえなくはないですが、蘭と世良が出会っていたのは事実なので、単純に世良との出会いに関係することなのではと思われます。

  4. 通行人

    私も世良=誰かの変装は考えましたが、姿かたちは変えられても声はどうするんだろう?と思いました。沖矢みたいに変声機を使っているような感じはない(ハイネックの服は着ていない)ので、ここが引っかかるのです。そうなると、答えは1つで、声も勝手に変わるような姿かたちを変えたのではないでしょうか?それは彼女もあの薬を飲んで、若返った。灰原は声が幼児化する前と変わっていませんが、コナンは大分違う。見た目も声も違えば、コナンが過去に会っていたとしても気付けないかと。そして、じゃあ、その場合に誰がアポトキシン4869を飲んだのか?前のコメントでイギリスの話が出てきていますが、灰原の母親なんじゃないか?と思います。確かイギリス人ですよね。コナンに過去出てきて、突然姿を消した人物というと、宮野エレーナくらいしか思いつかない。この人はどこかでストーリーに絡んでくるような気もしますし。ただ、コナンと宮野エレーナが過去にどこで会ったのか?想像が付かないのと、世良のいう胸の大きい母親というのが誰なのか?全く分からなくなります。蘭が世良を見ると、海とか、さざ波を連想するというシーンがありますが、これは「網にかかった謎」の回の灰原を思い出しているのではないか?と思うのです。

  5. 管理人 投稿作成者

    >>通りすがり さん

    その可能性もありです。まぁ、言葉使いは母がイギリス人なのでその影響。住んでいたのはアメリカや日本とか、まだどうでにもなりそうです。

  6. 通りすがり

    「フットボール」と世良が言っているので、彼女はアメリカではなくイギリスに住んでいた可能性もありますね。

  7. 管理人 投稿作成者

    >>考察協力者 さん

    変装マスクもありえなくはないですけど、それを言ってしまうと整形だってありえます(笑)

    可能性だけなら無限に考えられるわけですが、ただ、推理の答えはたった一つ。名探偵コナンは大抵の場合その一つしかない答えに読者が辿り着けるように、作中に伏線を張ってくれています。もちろん、はっきりとは描かれていないことが多いですが。

    まぁ、伏線回収と同時の後だしもありますので、その場合はもともと推理してほしい箇所ではなかったということになります。

    世良が変装マスクなのか、それとも整形なのか- という推理は基本的に作中にそう考えられる根拠があって初めて成り立ちます。ベルモットの変装も、ベルモットが変装の達人であることが早い段階ではっきりと描かれていました。

    今のところ、世良が変装マスクを使用していると考えられる伏線は見つかっていないようです。

    世良=変装マスク説の場合ベルモットのように誰かに成り済ますわけではないのですが、その辺の変装マスクを作る技術を作者はどう定義するのか、というのもちょっと…

    特定の変装術者以外でも簡単に変装マスクの作ることを容易にしてしまうと、日常編では完全犯罪が容易になってしまいます(笑)コナンは日常編のトリックに組織編の伏線を入れたり線引きをしていることもあるので、日常編と組織編で切り離せないこともあります。

    「あの時現場にいたのは全然違う顔だった~」というのは、全部「変装マスクで変装していたから~」で全く話が進められなくなってしまうのではないかと。

    と、まぁ半分冗談ですが、世良は特殊メイクどころかメイクの知識すら皆無だったり、変装していると疑われている沖矢もマスクは使用していないのではないかという可能性も出てきています。(まだわかりませんが)と言う点からも、変装マスクの可能性は低いような気はします。

    世良がマスクなら当然沖矢もマスクで~となり、バーボン編終盤にみんなで「ビリビリッ」と正体晒し。さすがにそれやったら読者に見捨てられそうな…

    >顔は変えれてもマスクじゃ歯は変えられない!

    この展開はなかなか面白いと思いますけど(笑)

  8. 考察協力者

    世良の外見ですが、推理もの特有の変装マスクとかありそうではないですか?
    顔は変えれてもマスクじゃ歯は変えられない!

コメントを残す