考察 【File:876】 世良のパパの友人について

sponsored link

園子:「でもホテル暮らしなんて実はどこかのお嬢様だったりして?」

世良:「昔から世話になってるパパの友人が金持ちなんだ!」「園子君のトコには負けるけど・・・」

園子:「そ、そう・・・」

世良:「他に頼れる親戚とか1人も知らないし・・・」「その人には大きくなって恩返ししなきゃって思ってるんだけどね!」 File:876

この「パパの友人」に頼っているという話に偽りはないと仮定。まぁ、誰かに頼っているという作り話をする意味もないが。

パパの友人の特長はまだほとんどわかっていないし、登場しているキャラとも限らない。たぶん、ネタだけ投下しておいて放置ということはないと思うので、後々一応の説明はされるだろうけど…

このパパの友人が誰なのかを考えるのはまだ情報が少なすぎるかもしれないが、情報の整理という意味も含めて候補をピックアップしておきたい。

パパの友人の特長は?

・金持ちである。ただし、園子家ほどではない。

確かなのは金持ちという事実だけ。

・アメリカ(イギリス)に住んでいたことがある?

しかし、世良は頼れる親戚がいないため、そのパパの友人の援助を受けて生活していた。そして、3年前から何らかの理由で外国住まいだったとするのなら、その援助をしていた人物は外国に関係が深い人物である可能性も高い。

その友人が日本人で日本住まい、単に金だけ援助していた人物だとすると、いまいち話が繋がらない。正体がわかった時にだから何?となるような。

・イギリスにゆかりあり?

また、このパパの友人の話が出た回で、世良が「イギリスにゆかりがある」という伏線がわかりやすい形で複数出て来た。

実は、これ以前にもあるのだが、ここで読者がすぐに気づくような形で一気にまとめてきたというところから、世良の英国関係の伏線はパパの友人と関係があるのでは?とも考えられる。

「外国と関係がある」「英国と関係がある」というのは結び付けやすい。

イギリスにゆかりがあるの項を参照↓
世良真純の特長

ただし、世良と一緒にいる謎の少女の顔が外国人(ハーフ)っぽいので、謎の少女(領域外の妹)が英国系である可能性もある。領域外の妹が世良と一緒にいることがわかったのも、パパの友人のネタが出たのと同じ話。

とりあえず、追加の伏線が出てこないことには、単に登場人物から金持ちをピックアップするだけでは意味はない(切りがない)ので、現時点では金持ちであるということに加えて外国(イギリス)に関係のありそうな人物を候補として考えてみたい。

ジェイムズ・ブラック

FBIのボス(対黒の組織プロジェクトのボス)であり、赤井秀一の上司でもある。立場的にそれなりに金持ちであろう。

世良真純のことを知っている(表向きは知らないと発言)ような描写があり、赤井秀一の死を世良(領域外の妹)に知らせたのもJ.Bの可能性が高い。(最初に赤井の死を知ることができたのはFBI、黒の組織、コナン&キール&赤井本人のみ。次男や赤井本人⇒領域外の妹経由なら間接的に聞いたことになる。)

FBIは日本に帰国する前はアメリカにいたと言っている。1年前のNY事件でも赤井はNYにいたことがわかる。世良がアメリカに住んでいたのなら、そのままジェイムズの援助を受けていたことになるだろうか。

イギリス系

コナン:「おじさん、Can(キャン)のことCan(カン)って発音してたでしょ?」「あれはクイーンズイングリッシュ!」「家が代々カウボーイで生粋の南部の男が英国なまりで話すのはちょっと不自然かなーって思ったんだよ!」 32巻

J.Bはイギリス出身で話す英語もクイーンズイングリッシュ。世良がサッカーの事をフットボールと表現したのも、ジェイムズの話す英語の影響と考えることができる。

次ページへ

sponsored link
更新日:2016-8-17
コメントはこちら