沖矢昴の変装方法について

sponsored link

沖矢昴が変装だった場合「どうやって変装しているのか」という疑問。

最初に思いつくのが、コナンと協力しているので工藤有希子の助けを借りたのではないかというところだが、いくつか問題が出る。

まず、赤井が死を偽装してから有希子にあって変装を施してもらう時間が果たしてあるのだろうかという点。来葉峠の出来事の後にコナンと再開、有希子を紹介と言った手順を踏む余裕はなかったように思える。木馬荘のコナンの様子では、事前に作戦は知っていたものの、実際に変装した沖矢に会うのは初めてだったとも受け取れなくもない。

有希子に変装を手伝ってもらったとして、毎回どうやって変装しているのか、お風呂や寝るときはどうしているのかなどの疑問が残る。コナンの場合、変装者は大抵正体を現す時に「びりびりっ」とマスクを剥いでしまうので、1回使い切りのようにも思える。

ただ、ベルモットが新出先生に変装していた時は期間が数日にまたがっていたので、一応長期的な変装も無理ではないようである。(ベルモットはその間に生の顔を見せたこともあったので着脱していたと思われる。)

毎回作り直しているのか、丁寧に脱げば何度でも使えるのか不明だが、沖矢は緊急の事態の時にはすぐに博士の家に様子を見に行かなければならないし、蘭と園子が新一の家に掃除に来た時のように、突然誰かが入ってくることも考えると、ほぼ常時変装状態でいなければならないはずである。

上記の問題を解決するにはいくつかの可能性が考えられるが、作者がどう落とし込むか(場合によっては無理を押し通すか)による。明確な答えというのは話が先に進まないことには分からないが、ありえそうな現実的な方法はいくつか考えられる。

具体的な案(変装マスク)

一番シンプルな方法は、有希子が作ったマスクを繰り返し使っているという考え。もしくは、もっと強引に着けっぱなし。(漫画なのでお風呂とかは考慮なし)

ベルモットも、新出先生に変装する時に、その作業の手間から毎回新しいマスクを作っていたとは考えにくい。(有希子は以前、服部を変装させるのに6時間かかった)

これを考えると、変装マスクは何度でも使いまわし可能であると考えても特におかしなことではない。

変装マスクは必要か?

okiya_akai_face_1

もう一つ考えられるのが、実は赤井秀一と沖矢昴はそっくりだという事。「全然違うじゃないか」と思われるが、似ているのは顔の輪郭である。作画の問題もあるので、シーンによってかなり違うが、同一人物であると見て取れる箇所もある。

okiya_akai_face_2

face_compare

名探偵コナンは、全く関係ない日常編で組織編の解決のヒントを出すことがある。例えば利き手の重要性など。File795では双子の男女の顔の輪郭が同じことを左右半分ずつ比べて比較しているシーンがある。

そもそも、変装と言うのはリアルの世界でも犯罪者が逃亡したりするにはわりとメジャーな手段でもあり、かつらをかぶって眼鏡をかける(場合によっては繭を剃って形を変えたり、肌も日焼けしたりする。)というのはごく簡単で手軽な方法である。宮野明美が広田雅美に変装した時も同じ。

さらに写真などで比べられても分からないくらいにするには整形をして鼻や顎の輪郭を変えたりすることもある。

名探偵コナンの世界では顎の骨格などが全然違う人に変装する場合は通常変装マスクを使用する。(新一に整形をするつわものもいたが)、ベルモットやキッドが変装をする場合は一時的な用途なので当然マスクを使う。

変装にマスクが必要なのは、「自分と顔の輪郭が大きく違う場合(もしくは輪郭を変えたい場合)」である。つまり、既存の人物に変装するには双子などではない限りは変装マスクが必要であるが、架空の人物を作り上げて元の自分の顔がバレないようにするためだけなら、特殊なマスクは不要なのである。

工藤有希子は、時々かつらやサングラスだけで簡単な変装をして出てくることがある。沖矢昴と赤井秀一は顎の輪郭や鼻が同じなので(作画の問題なので単純に比べても違う箇所は出る。)かつらをかぶって眼鏡をかければ変装できてしまうのである。

目について

ここで、目が全然違うという問題が残るが、それも別の方法で解決可能である。

63巻で元太の父が頭を良く見せるために眼鏡をかけて登場したことがあるが、眼鏡をかけると沖矢昴のような細目になるという特徴がある。

gentas_father_face

これは度が入っていたために目を開けていられなかったという落ちだが、本来眼鏡を必要としていない人が眼鏡をかけた時の表現するとコナンの世界ではこうなる。

赤井秀一は普段眼鏡をしていないし、銃の腕をみてもかなり視力がいいので度が入っていた場合はこうなる。

コナンは度が入っていない伊達眼鏡(追跡眼鏡)である。(初めて変装した時は引き出しにあった父の眼鏡を使ったが、隙を見てレンズを外している。)

赤井も伊達眼鏡でいいじゃんかと思うが、実際のところはまだ不明。(たぶん、スナイパーなので視力はいい。)

伊達眼鏡であっても、目を細めるだけなら演技でも可能。現実の世界でも、目が悪い人や眼鏡の度が合っていなくて見えづらい場合は目を細めるので、そういうふりをしている可能性もある。

マスクと眼鏡についての上記2点を踏まえると、工藤有希子の助けを借りずにも、かつらと眼鏡だけで見た目は簡単に変装可能であることが分かる。

次ページへ

sponsored link
更新日:2016-9-22
コメントはこちら