ベルモットの真意・目的

sponsored link

ミステリートレイン ─ 2

薬で幼児化してる事を隠す理由

ベルモットが灰原が薬で幼児化している事実を隠す理由。それはいくつか考えられる。

シルバーブレットを守るため─

まず一つは、灰原が薬で幼児化していることが組織にバレれば、新一の幼児化もバレる可能性があるからである。

現在のところ、データを死亡に書き換えられた新一は捜索の対象から外れているが、度々新一の名前を使って推理しているところからも、いつまた疑われてもおかしくない。また、高校の同級生などには死亡とは伝えていないことから、そこから組織に噂が広がるかもしれない。

それだけでなく、灰原が博士の家に居候して小学校に通っていたことがバレれば、かかわった人達にまで火の粉が飛ぶ可能性が高い。博士や探偵団だけでなく、コナンや蘭も結局ターゲットになってしまう。

ベルモットはこれまでエンジェルである蘭とその家族、シルバーブレットである新一とその家族には組織の手が伸びないように計らっていた。このことからも、灰原の秘密がバレることで、その影響が蘭やコナンにまで及ぶのはベルモットにとって都合の良いことではないことがわかる。

組織に研究が進んでいることを知られないため─

もう一つの可能性。灰原の幼児化がバレること─ これは、そのまま組織に薬の研究が進んでいることを知られることになる。

前述した、「コナンに火の粉が飛ばないようにするため」という理由だった場合、極端なことを言えば、灰原が組織に連れ戻されて再び薬の研究を始め、それを完成させさせてしまったとしても、コナンが後に組織を解散させるこに成功すれば良いことになってしまう。

それでは、「生きていてはいけない」とベルモットが是が非でも灰原の命を絶とうとしていることに繋がらない。

ベルモットは組織の薬の研究を愚かなものと考え、薬の完成を阻止したいのである。つまり、幼児化の事実を知られることそれ自体、ベルモットにとって都合の良いことではないと考えられる。

それに、灰原は組織に全く目を付けられていないのだから(バーボン編では安室に顔バレしてしまっているが)、二元のように適当なところに呼び出せば、組織には灰原とかかわった人達が誰なのかわからないように殺すこともできるかもしれない。

これまでの経過を見ていくと、どうもシルバーブレットへの配慮よりも、こちらの方がベルモットが幼児化を隠す理由としては大きいようにも思える。

ベルモットの秘密

実は、組織は「ベルモットが歳を取っていない」という事実を知っているのか?というのは明らかになっていない。どちらかと言うと、見た目が変わってないのは明らかにおかしいんだから知ってるだろうという考えのほうが主流だったかもしれない。

しかし、「千の顔を持つ魔女」の異名を持つベルモットは変装の達人。秘密主義で何を考えているのかわからない彼女が本当の顔を知られていないというのもありえることである。

なぜ幼児化だけでなく、ベルモットが不老状態である(とされている)秘密が組織に知られていない可能性を考慮するかというと、ベルモットが幼児化の可能性に目を付けたのは、自分がその途中までの成功者であったからというのも大きいのではと思われるから。

APTX4869の本来の想定される効果は説明すると長くなるので別項で説明するが、「幼児化」の現象は組織にとってイレギュラーなものではなくて、きちんとそうした効果がでることが計算されているようである。

薬の開発はラボの仲間も普通に知っていて、ピスコも宮野夫婦から聞かされていたように、トップシークレットというわけではない。つまり、組織内で「APTX4869は成功すれば幼児化の効果がある」ということを知っている人物はたくさんいてもおかしくないのである。

しかし、手錠を付けられ監禁されていた灰原が、小さなダストシュートしか抜け道がないようなところから逃げ出したにもかかわらず、幼児化して小さくなりそこから逃げたという想定を組織は全くできていない。

ベルモットが実験の途中までの成功者であり、それを知っているのなら、既に今の人類には考えられないような現象に成功しているという発想の壁を破っているので、灰原が実はもう一歩先まで研究を進めていたと考えることはそれほど難しくないはず。

また、ベルモットのこれまでの行動、薬の研究を「愚か」と考え灰原の命を狙っているところから判断すると、ベルモットは自分の秘密も同じように組織には黙っている可能性もあると考えられるのである。

まぁ、安室透が宮野夫婦に会ったことがあるという発言から、宮野夫婦がベルモットと同じような状態でいる。そのために表向き死んだことになっているなどの展開も考えられるため、組織がその事実を知っていたら、ベルモットが自分の秘密さえ隠しているという確度は低くなる。

どちらにしろ、この辺はもう少し話が進めばはっきりしてくるはず。

次ページへ

sponsored link
コメントはこちら