サンデー File:877,878

sponsored link

File:877(世良に似た女の子)

蘭:「どうしたのコナン君!怖い顔して・・・」

コナン:「お、女の子見なかった?」「いたんだ!この人込みの中に・・・」「世良に良く似た・・・」「中学生くらいの・・・」

蘭:「世良さんと似てる中学生?」

園子:「でも、あの子妹はいないって言ってたし・・・」

蘭:「見間違いなんじゃない?」

コナン:「・・・・・・」

File:878(電話と海と私)

謎の少女:「盗聴器・・・」

世良:「彼の眼鏡のツルの先っちょに付いてるヤツか・・・」

謎の少女:「危ない危ない・・・」「見た事のないタイプ・・・」「バッテリーサイズからすると駆動時間は極めて短そうだが・・・」「この形状でこの性能・・・」「なかなか興味深い・・・」

世良:「どう?彼の事気に入った?」

謎の少女:「まだ信用するには程遠いが・・・」「もしも彼がしびれを切らして私の事を尋ねたらこう答えなさい・・・」「領域外の・・・」「妹だとな・・・」

わかったこと・・・

①世良と親密
②冷静な分析力
③病弱
④領域外の妹

・・・??

「電話と海と私」なかなかグッドなアイデアでした(笑)

謎の少女はまさかの中学生。さすがにコナンが7歳前後の子供と中学生を見間違えることはないとは思うので、少なくとも10代前半~半ばくらいだろうか。

スマホに映った少女はもっと幼くも見え、世良は小学生高学年くらいにも感じた。単に作画の問題か?

あの写真が5年くらい前のものであれば、世良は11-12歳の現在17歳。少女は7歳程度で現在12歳なので中学1年生(13歳)にも見えるかもしれない。

これだと、「世良とコナンは中学生の時に出会っていたがロングヘアだったので思い出せない」というのはどうなのか。まぁ、海外に渡ったのが3年前の14歳なら2年はあるし、期間的には問題なしか。

謎の少女の発言、妹だと答えろってことは、逆に考えれば妹ではないということ。園子も「妹はいないって言ってたし」と答えているが、このパターンで実は妹でした!とやるのは下手糞な進行。

また、世良に対する態度や言葉使い、世良の少女に対する態度などを見ても立場が少女>世良である。この点からも純粋な年下としては違和感がある。

目元から世良家の血を引いていることは間違いなさそうなので、定番なら母が幼児化、もしくは、姉がいたがそのまま成長しなくなったとか。ただし、このパターンだと今の少女が写真の時から成長していると考えるのは微妙になりそう。

世良は死んだ兄も含めて兄妹3人と紹介している。この子が薬の影響で体が変化したため、社会的に死んだことにしているのはありそうである。が…それだと、今後合わせる予定のあるコナンにはもう1人姉(妹)がいると説明しておくべきなので、やっぱりここはおかしくなるか。

それ例外にも、母のクローン説というものがある。正直、少女が中学生だというのは意外だったので、この可能性も一応検証しておくべきかもしれない。組織の目的とクローンの関係は初期の頃からもコナンファンの間では噂になっていた。

だが、それだとたとえコナンと世良母が以前出会っていたとしても、クローンの母を見せる意図が不明ではあるが… 単に組織と一緒に戦って欲しいと考えているだけなのか。幼児化したコナンに興味を持っていることとも結びつかない。

しかも、クローンといっても、アイデンティティはまったく別なはず。クローン脳の移植なんかまで進んでいないとこのような世良と少女の関係にはならないはずなので、組織はそこまで研究を進めていることになる。(板倉関連か?)ここは突き詰めると切がないので、またべつの機会に。

コナンは世良を意味深な顔で見つめる。こいつ一体何をたくらんでいるんだ?という感じであろうか。

「どう?彼の事気に入った?」「まだ信用するには程遠いが・・・」との会話から、世良と少女はコナンを巻き込んで何かをやらかそうとしているようである。まぁ、組織関連だろう。

というか、やっぱり少女が灰原に見えて仕方がない… コナンは一目で「世良に似た」と言っているので、世良なんだろう。

巻末の横のコメント。コミックでは省かれてしまうのだけれど、ヒントになることが多いので重要なものはメモするようにしました。

世良と親密なのはそのままの解釈で良さそう?

少女は冷静な分析力を持っている。まぁ、普通の中学生じゃないのは確か。機械に詳しいとかではなくて、冷静な分析力のほうを強調してるのか。

病弱はやっぱり何かのキーになるようである。クローンでも病弱に生まれてきそう。APTX関連だった場合は、風邪をひいているので、コナンや灰原がパイカルを飲んで元の姿に戻ったように、大人の姿でそのうち出てきたりするかも?

「領域外」は単純に世良(赤井)一家の関係を示す伏線か。さすがにくどいので、領域をキーワードにしたもっと大きな秘密が後で明かされるかもしれない。

う~ん、やっぱり、謎の少女がクローンだったり、姉が過去に薬を飲んで成長も老化も止まっているというパターンならともかく、母がAPTXを飲んだ場合、その時期と効果次第では薬と組織の研究目的の推理も変わってきそうである。

この辺はまた別に整理したほうが良さそう。時間があればそのうち。

2週休刊。バーボン編は日常編も組織編みたいな感じなので、まじめに考察をしているとかなり大変。組織編考察という意味では、たまに休刊を挟んでくれるくらいで丁度いい。

次回は服部登場。まぁ、今の服部は組織編にほとんど絡まないようなので、日常編オンリーというも助かるけど。

sponsored link


コメントを残す