サンデー File:872-875

sponsored link

年齢について

今回、一番のヒントになりそうな箇所だろうか。

世良:「依頼されたのはボクの兄貴でさ・・・」「その兄貴の高校時代の友人がこれから行く貸し別荘の謎を解いてくれって頼んでくれたんだけど・・・」

今回の事件は、兄の高校時代の友人が依頼したもの。

登場した兄の友人4人は28歳~29歳であり、みな同級生のアウトドア部の仲間。(部員は5人いたが1人は死亡)

真ん中の兄と4人の関係性が具体的に書かれてはいないが、まず、先輩という可能性は消せそうである。女性は「世良君」、男性は「世良」と呼び捨てである。世良がキッドと出会った回の伏線と同じ。

留年とかがあれば年齢は上の可能性もあるが、そういう場合は後で説明が入るはず。そんなややこしい設定にしないとは思うが。

となると、最大でも同じか2つ下まで。真ん中の兄の年齢は26~29歳と絞ることができる。候補にあった、長野県警は30代なので消える。

というか、次週以降長野県警が登場しそうな雰囲気もあるので、そうなればそこで候補から消えてしまうが。

後輩の可能性は?

確実なことは言えないが、正直後輩も微妙なところではある。まず、大学生ならともかく、高校生の場合それなりに親しくなっても「友人」ではなくて「後輩」と表現することが多い。「高校時代の」と表現していることから、その後大学などでの関係は持っていない。

余程付き合いが古く、仲が良ければ友人と表現するかもしれないが、今回登場のキャラは全員世良兄と面識がありそうで(1人は世良兄の言及をしていないが)、男性人は「世良」と呼び捨てにするほどの仲。

しかし、4人はみな同級生で同じ部活という閉鎖的なグループであり、世良兄はアウトドア部とは関係なさそうである。後輩だった場合、世良兄がどうやって「友人」と呼べるほどこのグループと接点を持っていたのかが疑問である。

世良:「いや・・・高校の時よくクラスで起きた事件とかを兄貴がチャチャット解決してたらしくて・・・」

今回事件を依頼されたのは、世良兄がクラスで起きた事件を解決してたから。先輩が後輩の噂を聞きつけて、ということもあるが、その場合は「友人」とは言えない。

依頼の理由がクラスの事件を解決してきたから…という言葉をシンプルに受け取れば、4人との関係は同級生ではないだろうか。同級生であれば、例えそれほど親しい仲ではなくても、高校時代の友人の範疇に入りやすい。

同級生だった場合

年齢は28~29歳となる。(後輩だった場合は26~28歳)羽田秀吉は28歳、安室透は29歳である。

沖矢昴は27歳であるが、変装状態なので中身の年齢とは限らない。通常、変装の年齢は見た目の年齢などに合わせて偽装する。

ただ、実年齢28~29歳のところを27歳と1,2歳サバを読む意味はない。高校生などで、1つ年齢がずれるとえっ?となる場合はありえるが、27歳の大学院生というプロフィールなのでそこは関係なし。無意味な年齢の偽装は基本的にはやらないはず。

File:873の情報

峯岸珠美:「私達と同級生の世良君の妹さんで、この貸し別荘で起きてた奇妙な事件を解いてもらう為に呼んだんです・・・ お友達と一緒に・・・」

任田甚助:「世良の奴、自分は忙しいけどアメリカ帰りで探偵やってる妹ならヒマそうだっていうからよ・・・」

元々同級生の可能性が高かったが、新しい情報で真ん中の兄は依頼者と同級生ということが確定。兄の年齢は28~29歳。

sponsored link

コメントを残す