サンデー File:872-875

sponsored link

まず最初に、長男=赤井であることは作者インタビューで決まり。普通に考えればそうだし、その根拠もあるが、一応公式ネタとして確定できたのは収穫。

今回の話からヒントになりそうなものは職業・名字・年齢の3つだろうか。各項目について分けて考えてみたい。

職業について

具体的な職業については明らかにされていないが、「じゃあお兄さんも探偵なの?」と聞かれた時に、「いや・・・」と答えている。

少なくとも、探偵ではないようである。しかし、なぜ探偵ではないと言えるのであろうか?

実は、世良は以前に「大事な仕事の真っ最中らしくて居場所とかちっとも教えてくれないけど・・・」と発言しているが、「職業が分からない」とは言っていない。

以前書いたかどうか覚えていないが、例えば、兄は警察関係者。現在極秘の捜査任務に就いていて、その内容も居場所も教えることができないという場合。

これでも、「大事な仕事の真っ最中らしくて居場所とかちっとも教えてくれない」に当て嵌まる。しかし、兄が警察関係者であることは知っている。ちょっと前に出た公安の場合でも、状況的にはぴったりだろう。

世良は兄の「職業」を知らないと決め付けることはまだできない。探偵であることを否定しているところから、世良は兄の職業は知っているのでは?とも考えられる。職業を本当に知らないのであれば、探偵の可能性もありえるからである。

*蘭の「探偵なの」という質問に、世良が「いや、(探偵ではないけれど)」、と否定したのではなくて、「変わりに行ってくれって頼まれた」その理由が、(職業は定かではないが)「高校の時よくクラスで起きた事件とかを兄貴がチャチャット解決してたから」と言いたかっただけの可能性もある。

名字について

世良:「それは一番上の兄!依頼されたのは真ん中の兄だよ!」「兄二人に妹一人の三兄弟!三人共、名字が違うけど・・・」

コナン:「何で違うの?」

世良:「パパが死んだりとか色々あってね・・・」「ボクはママの旧姓の世良だけど・・・」「真ん中の兄貴も高校を卒業するまでは世良だったよ・・・」

世良と赤井の苗字が違うことは以前から疑問であったが、証人保護プログラムとか偽名ではなくて、世良は母の旧姓を使っている。

「色々あってね」の色々が気になるところではあるが… 別に、父が死んでも兄と名字を分ける必要はない。

真ん中の兄貴も高校卒業までは世良を使っていたが、その後変えている。

世良は旧姓をそのまま使っているのに、なぜ真ん中の兄は変える必要があったのか?というところが問題である。

婿入りとかもありえるが、それだとギャグヲチである。高校卒業後というのもありえなくはないが、タイミング的にかなり早い。

ベタな展開でキールのような特殊な状況にいるのであれば、水無怜奈みたいな偽名という事になるだろう。

羽田秀吉ならば芸名とか。現実的には、棋士はあまり芸名とかを使わないようでもあるけど、漫画の世界なら十分許容範囲。高校卒業と同時に棋士としてデビュー。キレキレの兄なら高校卒業でプロもありえるし、改名のタイミングも納得。

次ページへ

sponsored link
コメントはこちら