赤井秀一 – 人間関係

sponsored link

その他のキャラ

灰原が反応

灰原:「ね、ねぇ見た!?」「今の車に乗ってた人の顔!!」 File:326

haibara_sensor_akai_f326

コナン:(それに、ジェイムズさんが誘拐された事件で、灰原は奴の気配に反応した・・・) File:380

haibara_sensor_akai_f380

後付解説だが、コナンの話で灰原が驚いた原因は組織臭だったことが分かる。

灰原が心当たり ─

灰原:「今、話してた人・・・赤井ってどんな人?」

コナン:「何で?」

灰原:「何か私の知っている人と良く似てる気がするんだけど・・・」

コナン:「き、気のせいなんじゃねーか?」「それに赤井さんはもう・・・」 File:850

haibara_moroboshi_f850

灰原はミステリートレインで火傷赤井を見ているので、コナンとジョディがその男のことを赤井と呼んで話をしているのを聞いて、自分が良く知っている姉の恋人であった諸星大に似ていると考えている。

蘭が怖がる

蘭:(それに何なのこの感じ・・・)(思い出すと何かが壊れそうなこの胸騒ぎ・・・)(そう・・・あの時と似たような・・・)(イヤな予感が・・・) File:338

ran_akai_f336

蘭は赤井を怖がっている。NYの時の事件は蘭にとってイヤな出来事であったようである。

NYの出来事を思い出してからは、「でも怪しい人じゃないと思うよ・・・」「背中にFBIの文字が入ったジャケット着てた人と一緒にいたし・・・」と、彼が敵ではないことは知っている。

ジョディと付き合っていた

ジョディ:(えっ付き合う事になった?)(それってこの前言っていた組織の関係者だっていう宮野明美さん?)

赤井:(ああ・・・だからお前とは終わりにしてくれ・・・)」

ジョディ:(ちょっ、ちょっと待って!潜入捜査するために付き合うんでしょ?)(何も私達が別れなくても・・・)

赤井:(お前を犠牲にしても潰さねばならない組織だという事だ・・・)(2人を同時に愛せるほど・・・ 器用な性分じゃないんでね・・・) File:677

jodie_akai_dated_f677

ジョディと付き合っていたが、組織に潜入捜査するために宮野明美と付き合うことになり別れた。赤井は2人の女性を同時に愛せる器用な人間ではなかった。

バーボンが嫌っている

ウオッカ:「そういやぁ、バーボンも赤井のこと嫌ってやしたねぇ、ジンの兄貴以上に」 File:703

バーボンはジン以上に赤井が嫌い。

赤井が死んだ事を信じていない ─

ジン:「奴は、赤井が死んだことを信じようとはしなかった、赤井を殺れるのは自分だけだと息巻いていたから、無理はねぇが・・・」 File:703

組織時代はバーボンのライバル ─

灰原(キッド):「ええ・・・」「知ってるわよ・・・」「お姉ちゃんの恋人の諸星大とライバル関係にあった組織の一員・・・」「お姉ちゃんの話だと、お互い毛嫌いしてたらしいけど・・・」 File:824

殺したい程憎んでいる ─

沖矢:「俺に対する奴の恨みは・・・」「思った以上に根深いようだ・・・」 File:898

安室:「まぁ気にしないでください・・・」「殺したい程憎んでいる男が・・・」「左利き(レフティー)なだけですから・・・」 File:955

amuro_sworn_f955

安室の赤井に対する恨みは赤井が思っている以上。「赤井を殺れるのは自分だけ」とジンに言っていたのは本音で、安室は赤井を殺したい程憎んでいる。

ジェイムズと協力

キャメル:「しかし驚きました・・・まさかジェイムズさんもこの事を知っていたなんて・・・」

沖矢:「話すつもりはなかったが・・・」

ジェイムズ:(とにかくジョディ君を呼び出してFBIとしての対応を・・・)(ど、どうしたんだね!?)(その指・・・)

赤井:(実は・・・)

沖矢:「指先のコーティングに気づかれてしまったんでね・・・」 File:898

akai_james_f898

来葉峠の作戦はジェイムズにはバレてしまっていたため事前に話していた。

赤井の父

コナン:「ねえ、赤井さん・・・」「この事件何かあるの?」

沖矢:「ボウヤももう気づいているだろ?」「17年前・・・羽田浩司が殺された事件と・・・」「酷似しているんだよ・・・」「俺をFBIに駆り立てた・・・」「あの事件にな・・・」 File:948

コナン:「FBIに駆り立てたって・・・?」「17年前、もう赤井さんあの羽田浩司の事件にかかわってたの?」

沖矢:「いや・・・直接かかわっていたのは俺の父だ・・・」

コナン:「じゃ、じゃあ赤井さんのお父さんもFBI捜査官だったとか?」

沖矢:「いや・・・FBIではないが・・・」「父のことを話すのなら・・・」「ボウヤのも聞かせて欲しい所だ・・・」「ボウヤの正体をね・・・」 File:949

akai_father_f949

世良真純が赤井の妹なので、父が死亡したことなど、世良の会話で何度か父について触れたことがあったが、赤井の口から父についての言及があったのが90巻。赤井の父は羽田浩司の事件にかかわっていたらしい。ただし、FBIの捜査官ではなかったようである。赤井をFBIに駆り立てたのもこの件がきっかけ。

詳細は↓
赤井の父

sponsored link
更新日:2016-9-21

赤井秀一 – 人間関係」への2件のフィードバック

  1. 管理人 投稿作成者

    >>匿名さん

    その辺はあとから「実は・・・」と特殊な事情が説明されるのかもしれないですけど、赤井としてはバーボンのことは自分で何とかしたかったとか、コナンに話してしまうと動揺して逆に怪しまれてしまうとか、そんな感じなのかなと。

    バーボンは人の心を読む技術とかになるとコナンよりも上手なことがありますから、眠りの小五郎さえバレなければ結果論ですが知らなかったのは良かったのではと思います。

    赤井もバーボンが何を目的としているのか、それを見極めてから動きたかったかもしれないですし、自分が目的だとわかっていたからコナンは巻き込まないようにしたのかもしれません。

    世良についても、まだ何が目的で来ているのかわからないので、自分の妹だから警戒しないでも大丈夫なんてのは言えないのかも。案外ギャグオチで、恥ずかしかったから言わなかったとか(笑)最近こういうのもたまにあったりします。

    まぁどうにでも考える事ができてしまうので、コナンと赤井がどこまで協力しているのか等はもう少し説明欲しいところですね。

    コナンが安室=バーボンと気付いたのはミステリートレイン。赤井はそれより前に知っていたというのは確定で、でもコナンは「何で教えてくれなかったんだ」と赤井を責めていません。

    もしその一言があれば、赤井は少なくとも何らかの事情か意図があって言わなかった… というのは確かになるんですけど、そもそもコナンが何とも思っていないようなので、ここは引っ張るつもりなのか、漫画的な都合と処理して良いものなのかわかりにくくなっています。

    来葉峠の死亡偽装は共同戦線で、その後も「留守はしっかり守ってね」と灰原のことはお願いしているけれども、コナンが情報提供に関してそれほど赤井を頼っていないところからすると、その後の協力関係はそんなに強固なものではなかったのかもしれません。

  2. 匿名

    赤井さんは組織にいた時から安室がバーボンであることを知っていて、公安であることまで薄々気づいていたのに、コナンに中々伝えていなかったのは何か深い理由でもあるのでしょうか?

    ミステリートレインで安室の前に姿を現したことも黙っていて、コナンは安室がなぜポアロに留まっているのか疑問に思っていましたし。

    世良さんが赤井さんの妹であるということも、コナンとしては伝えてくれた方がありがたいんじゃないのですか?
    まぁ、この点に関しては世良さんの目的が分からない現状でははっきりと言えませんが……

    なんだか赤井さんがコミュ障キャラになってしまいそうですね(笑)

コメントを残す