赤井秀一 (バーボン編~)

sponsored link

バーボン編の赤井秀一について

赤井秀一の死

akai_top

コナンと赤井が計画した「イチかバチかの大勝負」により、CIAのスパイであったキール(水無怜奈)を再び組織に戻すことに成功する。

コナン&赤井とキールは、キールの弟に証人保護プログラムを適用して保護する(瑛祐は結果断った)のと引き換えに、CIAに流した情報をFBIにも流すという作戦を立てていた。また、いかなることがあってもCIAの任務を優先することも約束をしていた。

しかし、あまりにも簡単にキールを奪還できたことに対して、慎重なジンと”あの方”は不審に思う。そして、「自らの身の潔白を証明してみせろ」とFBIの切り札である赤井秀一の抹殺命令を出す。

キール(水無怜奈)は来葉峠に赤井を呼び出し、ジン・ウオッカの監視下で赤井の肺と頭を撃ち抜き殺害、車を爆破する。

その後、ジョディがコナンから借りた赤井秀一の指紋のついた携帯電話を高木刑事に調べてもらったところ、車の中で発見された焼死体(かろうじて残ったのは右手のみ)の指紋と携帯の指紋が一致した。

これにより、再び組織の信用を取り戻したキール。一方で、赤井の死亡を確認して悲嘆に暮れるFBIのメンバー。だが、なぜかコナンだけは、瑛祐から「FBIの誰かが亡くなった」との情報を得ても、全く動じることはなかった。

FBIは大きな代償とともに、組織に鋼の楔を打ち込むことはできたが…!?

バーボン編の赤井秀一

来葉峠の件の後、組織に戻ったキールからさっそく連絡がある。「バーボンが動き出したから気をつけろ!」と。バーボンの狙いは恐らく灰原だとコナンとFBIは考え、FBIが派手に動くと逆に怪しまれるため、コナンに灰原を守るようにお願いする。

その直後に沖矢昴という怪しい人物が登場。しかし、コナンはなぜか全く警戒することなく自分の家を貸し出す。沖矢は度々灰原を監視するような行動を起こすが、組織に大きな動きは無いまましばらく時間は経過する。

FBIは警告があった「バーボン」がなかなか出てこないことを不思議に思うが、その直後に頬に火傷の後のある赤井秀一(通称、火傷赤井)が帝都銀行に登場する。

「赤井が生きていた」と動揺するジョディ。後日、真偽を確かめるべく火傷赤井が被っていた帽子を調査するために米花百貨店で聞き込みをするジョディ。そこに、再び火傷赤井が現れ、今度はキャメルもそれを目撃する。

最初に出現した際に、巻き込まれた事件のニュースに映った火傷赤井は組織にもチェックされていた。ジンやウオッカはそれを確かめに百貨店に向う。

ジンは「赤井が生きていたら亡霊になってもらう~」とキールを呼び出して頭に銃を突きつける。そして、赤井狙撃できるようにと、キャンティやコルンも配置された。

それだけでなく、組織とは別に沖矢もまた銀行の映像を見て火傷赤井を確認しにやって来ていた。

百貨店で赤井を待ち伏せしているジンの話によると、「バーボン」は赤井秀一の死を信じていない、「赤井を殺れるのは自分だけ」と息巻いていたとのことだった。

そして、百貨店内で起きた爆弾騒ぎが解決して店の外に顔を見せる火傷赤井。ジンはそれを見て「赤井秀一・・・」と考えるが、そこに登場したベルモットの一言で火傷赤井の狙撃を止めて撤退する。

キール編で死んだはずの赤井秀一。だが、突然現れた頬に火傷の跡がある赤井秀一。そして、赤井が死んだことを信じていない「バーボン」。なぜか赤井の死に動揺しないコナンなど、「バーボン編の赤井秀一」についてはその生存を焦点に話しが進められる。

赤井秀一は生きているのか?生きているとしたらどうやって生き残ったのか?今は何をしているのか?何を企んでいるのか?この辺りが推理のポイントになる。

緋色シリーズ(File:894-898)で来葉峠の伏線は回収。

赤井秀一はこれまで通り、沖矢昴として工藤邸から灰原を見守り続ける。

*基本的に、バーボン編以降の推理に関係してくる部分のみ。

sponsored link
更新日:2016-9-21


コメントを残す