沖矢昴 – 小ネタ・メモ

sponsored link

メモ

緑を見ていると心が安らぐ

沖矢:「その夜1人でドライブしていました・・・」「堤無津川縁の並木道を・・・」「緑を見ていると心が安らぐのでついついそこに・・・」 File:623

緑を見ていると心が安らぐので、ついつい堤無津川縁の並木道にドライブしてしまうらしい。しかし、適当に供述しているだけかもしれないので、この真偽は不明。

黒は好きな色であり嫌いな色でもある

沖矢:「いや・・・ 強いて挙げれば黒ですね・・・」「知られたくない自分の内面を覆い隠してくれるようで・・・」「まあ、同じ理由で黒は嫌いな色でもありますけどね・・・」 File:623

緑が好きかと思いきや、好きな色は黒らしい。「知られたくない自分の内面を覆い隠してくれるようで」というのは、変装の暗示。「まあ、同じ理由で黒は嫌いな色でもありますけどね・・・」と言うのは、もちろん黒の組織のこと。

これも、確かなことは分からない。本当に好きな色は赤じゃないのだろうか?

シャレ?

コナン:ああ!だから毎日アパートの植物に水をあげてたっていう沖矢さんが、赤い人ってわけだよ! File:624

沖矢昴の初登場での回。容疑者の1人となった沖矢昴は”赤い人”であった。沖矢昴は後に何度も出て来る重要キャラで、正体は”赤井秀一”と推理される。これはたまたまだったのか、意図的なのかは不明である。

ぶな屋敷

沖矢:「「ぶな屋敷」だね・・・」「ぶな屋敷の事件の時にホームズがワトソン博士に言った台詞だ・・・」「ワトソン君、君は医者として子供の性質をつかむためにまず両親の方から調べてみるという事は終止やっているだろう・・・」「だったらその逆もまた真なりとは思わないかい?」「・・・だったかな?」 File:623

豆知識

名前の由来

”オキヤ・スバル”の名前はアニメ『機動戦士ガンダム』に登場する”キャスバル・レム・ダイクン”を参考にしたと思われる。(オキヤスバルの”オ”を除くとキヤスバル=キャスバルになる。)

バーボン編で登場する主要キャラ他の2人、”セラ・マスミ”、”アムロ・トオル”もガンダムに登場する”セイラ・マス”、”アムロ・レイ”が由来。

キャスバル・レム・ダイクンは”シャア・アズナブル”の本名で、”赤い彗星”の異名を持つ。”赤井秀一”の声優はシャアと同じ”池田秀一”で、”秀一”はここから取ったものと思われる。

コナンの作者である青山先生は、ガンダムの大ファン(得にシャア・アズナブルのファン)であることを公言している。

ちなみに、沖矢が住んでいた火事になったアパート”木馬荘”はホワイトベース。(シャアがホワイトベースにいるのはガンダム的にはおかしいが。)

初登場回に出た一般キャラも、「細井竜平」⇒リュウ・ホセイ、「真壁吟也」⇒マ・クベとなっている。

愛車

スバル360 ─

”スバル”はもちろん、沖矢”昴(スバル)”のスバル。

ちなみに、60巻の時には「僕の車は少し離れた駐車場に停めているんですが・・・」と見ることができなかった。61巻では、ガソリンが切れたので博士が沖矢に持ってきてもらおうとしたところ、「ここ、携帯電話の圏外じゃ!!」と頼むことはできず。沖矢愛車の解禁は後に持ち越されることに。

76巻にて、誘拐されたコナンと犯人を阿笠博士、灰原と一緒に車で追走。

「貸してもいいんですが、あの車は癖があって私の運転じゃないと・・・」 File:798

okiya_gun_360

と言っているが真偽は不明。単に、博士と灰原だけでは危険だったためにそう言ったのかもしれない。まぁ、事故とかあるから人に車を貸すのは… 万一何かあったら、沖矢も色々とめんどうに巻き込まれるし、それは彼にとってはかなり都合が悪いだろう。

アニメ版での色は赤。沖矢の中身と推理される”赤井秀一”と”シャア専用~”(シャア専用は赤のモビルスーツ)の赤にしたと思われる。

マスタング ─

akai_mustang_f950

File950で沖矢の新しい車「フォード シェルビー マスタング GT500」のお披露目。この時は座席にジョディが座っているけれど、これは劇場版「純黒の悪夢」で赤井秀一がキュラソーを追うために使用していた車であって、赤井の愛車。

なので、どちらかと言うと沖矢昴というか、赤井秀一の車と言ったほうが正しいのかもしれない。同じだけど(笑)赤井は元々シボレーに乗っていたのだけれど、来葉峠の計画で爆破してしまった。そのため、新しい車がこれなのではないかと思われる。

沖矢が普段使用しているスバルではスペック的に組織との戦いには不向き。なので、これが実践用なのではないかと。スバルがシャア専用ザクで、マスタングがサザビー的な(笑)

小ネタ

コナンと平次 恋の暗号

園子:「でも昴さんって前から気になっていた事があるんだよねー・・・」「だってホラ、あの人いつも首元隠してるじゃない!」「だから首に恥ずかしい刺青とか入れてて、隠しているんじゃないかってね!」 File:812

tattoo_f880

「首に恥ずかしい刺青」の例(File:881)。麻薬取締官なので、本物なのかシールなのかは不明であるが、こんな細かいところまでがんばって描いているところから、ネタを本気でやってみようと思ったのかも(笑)

コナンが「金髪も刺青も鼻ピアスも何でもあり!」と言っているので本物かも?

ゲレンデの推理対決

バーボン編に登場した主要キャラはみな個性的で、特に序盤の沖矢・世良・安室の三人は設定も作りこまれている。世良と安室は参考にしたキャラや、意識してる?と思われるキャラがいるのだけれど、じゃあ沖矢のモデルはいるのか?

okiya_model_f522

あえて言えば、50-51巻の「ゲレンデの推理対決」で登場した箕輪奨兵(三俣耕介の変装含む)がそれっぽい(笑)世良・安室ともにキール編の終盤でバーボン編のキャラデザを考えたのか、キール編で人気のあったキャラに既視感があるのだけれど、これも同じようにキール編。

まぁ、サングラスにニット帽と顔の特徴を現すパーツが隠れているので似ているのは当然なのかもしれないけれど。それに、茶髪に首まで覆ったウェアといのもまた沖矢と被る。そもそも、サングラスや帽子は赤井やシャアのトレードマークだし、三俣が箕輪に変装していたというのも、沖矢の変装を連想させる。

次ページへ

sponsored link
更新日:2016-9-20
コメントはこちら