沖矢昴の特長

sponsored link

外見や身体的な特徴

イケメン

園子:「そうよ蘭!こんなイケメンの泥棒がいるわけないんだから!」

蘭:「ところでどこの大学なんですか?」

沖矢:「東都大学の工学部に・・・」

園子:(わっ!イケメンでエリートじゃん?)

園子:「あの・・・写メ撮っていいですか?あとメルアドとかも・・・」

蘭:「園子・・・京極さんに言いつけちゃうよ!」

園子:「んじゃ写メだけ!」 File:638

この後も、「何よあのイケメン!」「何者なの?」とかなり食いついている。ただし、園子は他の人にもしょっちゅう同じような事をしているほどイケメン好きである。安室透、さらには、世良真純にまでも初登場時に「よく見たらイケメン?」と言っている。

特長的な隈 ─

okiya_opened_eyes_f824

普段は目を細めているだけで、時々目を見開くことがある。最初に開眼したのはミステリートレイン下車後。また、この時はメイクを落としたのか、目の下には隈がある。

これは世良真純、領域外の妹と同じで世良の母系特有のもの。つまり、血縁関係を示す。(沖矢=赤井の伏線)

緋色のエピローグでもその目を晒す。普段は「目を細めているだけ」ということがわかる。

いつもハイネック

沖矢:「もっとも・・・ この暑い最中、息を潜めてジリジリと獲物を待っている連中には・・・」「熱くて苦いコーヒーを御馳走したいところだがね・・・」

okiya_neck

とか言いながら、自分は暑い最中でも襟付き長袖の服装をしている。

園子:「だってホラ、あの人いつも首元隠してるじゃない!」「だから首に恥ずかしい刺青とか入れてて、隠しているんじゃないかってね!」

蘭:「そーいわれればそうねぇ・・・」

園子:(首元に刺青はなかったか・・・) File:812

園子にも疑われるが、工藤邸の洗面所で対面した時は首元には何もなかった。しかし、歯磨きをしていたので声は出していない。

沖矢:「ここから先はこちらのエリアだ・・・」「君の領分じゃない・・・」「大人は寒がり・・・」「風の子じゃありませんから・・・」 File:811

haibara_remove_scarf

灰原は沖矢を諸星大(赤井秀一のスパイ時代の偽名)と疑い、寝ている隙に首元のスカーフを外そうとして失敗した。

緋色シリーズ ─

安室:「フン・・・」「顔は変装・・・声は変声機・・・」

沖矢:「変声機?」

安室:「今日の昼間、この近辺を回ってリサーチしたんです・・・」「隣人である阿笠博士の発明品で評判がよかったのに、急に販売を止めた物はないかってね・・・」「それはチェーカー型変声機・・・」「首に巻けばノドの振動を利用して自在に声が変えられて・・・ストーカーの迷惑電話にお役立ち・・・」「そう・・・大きさは調度・・・」「そのハイネックで・・・」「隠れるぐらいなんだよ!!」 File:896

安室はハイネックで変声機を隠していると疑ったが、この時の沖矢は優作の変装。それも、博士に作ってもらったマスク型の変声機をしようしていたために、首には何もかくされていなかった。

沖矢:「声は元のままだろ?」「だが、首に付けたこのチョーカー型変声機を使えば・・・」「沖矢昴になれる・・・」

キャメル:「こ、声が変った・・・」

沖矢:「全て変声機を作ってくれた阿笠博士と・・・」「この家の家主工藤優作氏の妻である有希子さんの変装術と・・・」「そしてこの策を授けてくれたこのボウヤ・・・」「江戸川コナン君のお陰だよ・・・」 File:898

緋色のエピローグで種明かし。赤井は阿笠博士が作ってくれたチョーカー型変声機を首に付けて、沖矢昴の声を出していた。ハイネックはそれを隠すため。

灰原:「もう夏なのに相変わらずのハイネック・・・何なの?あの人・・・」

博士:「冷え性なんじゃろ・・・」

コナン:(まあ、チョーカー型変声機を隠せるのはハイネックぐらいだから・・・) File:963

その後も、事情を知らない灰原には「夏なのに相変わらずのハイネック」と突っ込まれ、博士は「冷え性なんじゃろ」と、下手な理由でごまかしている。

左利き

okiya_left_handedness

ペンを持つ手が左であることから左利きであることが分かる。また、左手に箸を持って料理している。

歯ブラシを右で使う ─

File638で左手で歯を磨いていたのに、File812では右手で歯を磨いている。この理由として、「わざと」とのこと。おそらく、世良に左利きだとバレると自分の正体に感づく可能性があるから。蘭や園子はそこまで鋭くないし、左利きということが知られても何ら問題はない。

世良は相手の利き手を瞬時に判断するだけの洞察力があるが、自分の兄と同じ利き手であると知ると、正体が兄ではないかと疑う可能性がある。同じ利き手だから同一人物という強引な推理は、この漫画に慣れる必要がある(笑)ちなみに、この時世良と沖矢は初対面。沖矢が兄と同じ推理力の持ち主だとわかれば、まぁ同一人物と考えるのもありかもしれない。それなら利き手の根拠は別にいらないが。

左利きで疑われる ─

安室:「左利きなんですね?」

沖矢:「ええまあ・・・」「いけませんか?」

安室:「いえいえ・・・」「この前お会いした時は右手でマスクを取られていたので・・・」「右利きかなぁと・・・」

沖矢:「そうでしたか?」

安室:「まぁ気にしないでください・・・」「殺したい程憎んでいる男が・・・」「左利き(レフティー)なだけですから・・・」 File:955

沖矢が左で字を書くと、それを見た安室は沖矢を疑う。工藤邸で会った沖矢(優作の変装)はマスクを右手で取っていたため、安室は右利きと判断していた。

次ページへ

sponsored link
更新日:2017-2-12
コメントはこちら