考察 【File:679】 火傷赤井がコナンを助けた理由

sponsored link

コナン:(え?)(誰だ!?)(誰が撃ったんだ!?)(ジョディ先生!?) File:679

scar_akai_dominant_hand

銀行に現れた赤井秀一に似た人物は利き腕が右手(本物は左手)などいくつかの理由から、偽者であると可能性が極めて高い。

仮に偽者で組織の人物(バーボン)だと仮定すると、組織の人物である火傷赤井がコナンを助ける理由はない。だが、いくら組織の人物とはいえ、全てのメンバーがジンのように冷たそうな人物とは限らない。目の前で殺されそうになっている少年を見捨てる理由も逆にないのだが…

ここで、さらに何か理由があって助けたとした場合、その理由として考えられることは何か?ということを推理していくと、いくつかのケースが考えられる。

考えられる理由 ─1

火傷赤井がベルモットの変装であった場合

後に現れるデパートでの火傷赤井は、ベルモットは外にいたためベルモットの変装ということはありえないのだが、2回登場した火傷赤井が別人だった場合、最初の火傷赤井がベルモットという可能性もありえる。

アニメではあまり区別がつかないのだが、漫画では銀行とデパートの赤井は頬の火傷の跡が違う。ただ、これが別人として区別するために意図して描いたのか、単に作画の問題なのか分からない。

意図した伏線として描いたものであれば、アニメ版でも区別する必要があるのだが…そうでなければ、アニメを見た人にはこの火傷赤井がデパートでの火傷赤井と別人だということに気づけない。但し、この時期の伏線が完全にアニメにも反映されているかは不明。

また、変装(作り物)であるがために、それを強調するために1度目と2度目で火傷跡をあえて微妙に変えた、ということも考えられる。

その考察は別件になるのでここでは置いておいて、もし火傷赤井がベルモットであれば、これまでの行動からコナンを助けるのは想定できる。

自分にとってそのほうがベストな選択だった場合

組織に火傷赤井の顔の人物がいたとした場合、ベルモットがわざわざ変装する理由はない。火傷赤井が誰かの変装だった場合、1人の人物に2人の人物が成りすますのも、そうした理由がない限りは普通ない。理由のない変装を多用すれば世界観がめちゃめちゃになってしまう。(これまでの変装は全て理由あってのものである。)

デパートの火傷赤井がベルモット以外の誰かの変装ならば、銀行もその人がやればいいはずである。(銀行の火傷赤井がコナンを助けたのは結果論で、計画段階で銀行とデパートで分ける意味はないだろう。2回とも赤井関係者とは会話をしていない。)

今回のケースで、計画段階で2人の人物が分けて変装をする必要性は見当たらず、シナリオ的にそうしたシーンを入れる意味もない。物語が無駄に複雑になりその伏線を回収するのも大変になるだけである。

そう考えると、デパートも銀行も同じ人物であると考えるのが自然。

では、ベルモット以外の人物がなぜコナンを助けたか。という問題に戻ると、いずれにせよそうしたほうが都合が良かったから。もっと消極的なパターンでは、どちらでも良かったがとりあえず助けた。という可能性も考えられる。

後者の場合は、「その時に火傷赤井が何を考えていたか」ということが明かされない限りは答えは分からないが、前者の場合は状況を考えれば十分推理可能である。

火傷赤井は銀行、後にデパートでジョディに意図的に接触している。最初は街で姿を現してそれをジョディが見かけることになるが、その後に、ジョディが銀行に入ったのはたまたま酒を買うお金がなかったためで、これは火傷赤井が事前に知ることができるものではない。つまり、後からジョディの後をつけていったことになる。

そのことから、銀行での強盗事件に巻き込まれるたことは火傷赤井にとって偶然の出来事になる。また、デパートではオリジナルの帽子を買った人物を調べるためにデパートにやってくるところは容易に推測できるが、その後の爆弾騒ぎは第三者が起こした事件であり、これも意図しない事件に巻き込まれた形である。

その証拠に、火傷赤井は早くその場から去りたいがために小五郎に推理のヒントメールを送っている。火傷赤井はコナンが言うように、「事件にかかわりたくない人」であることも、事件に偶然巻き込まれたという理由の一つになり、そんな人がわざわざメールを送ったのだからそれだけ早く事件を解決したかったのである。

この2つの事件に共通することは、火傷赤井にとって想定外の出来事だったことである。そして、デパートでの心理状態を見れば、目的?であると思われる、ジョディに自分の存在を知らしめることが達成できたら、後はこっそり抜け出したかったはずである。

銀行ではコナンが捕まってしまった時に、強盗団は「こうなったら籠城作戦だ!地獄の果てまで付き合ってもらうぜ?」と長期戦になることを示唆しており、状況までもデパートと被る。

デパートでは小五郎(コナン)が事件を解決したことで解放されたが、銀行ではあの状態でコナンを助けることをしなければ、再び強盗団のペースになり事態はヤバイことになっていたはず。漫画的にも(笑)とにかくさっさと銀行から出たいのである。

あのままコナンの作戦がうまく行き、強盗団が逮捕されて解放されるという結果が火傷赤井にとっても都合いい。そう考えれば、デパートで小五郎を助けようとした(ヒントを送った)ことが別に不自然な行動でないのと同じで、銀行でコナンを助けるという行為は当然のことでもあり、デパートの件と同じで矛盾はしなくなる。

次ページへ

sponsored link
更新日:2015-11-1
コメントはこちら