サンデー File:703

sponsored link

File:703(吹雪の中の真実)

ジン:「ホォー・・・」「爆弾でフロアを占拠しているのか・・・」

ウオッカ:「ええ・・・どっかの馬鹿がやらかしてるらしいですぜ・・・なんでも、要求は人捜しとか・・・」「赤井らしき男があの百貨店から一向に出て来ねぇって事は・・・」「どうやら、その男もそのフロアに・・・」「困りやしたねぇ・・・爆弾犯が捕まっても、爆弾が爆発しても、出口はその騒ぎで大混雑・・・」「そんな中で、その男を仕留められるかどうか・・・」

ジン:「いや、むしろ好都合だ・・・」「スナイパーの殺気が人混みに掻き消され・・・逃げようにも身動きがとりづらくなる・・・」「この真上で狙いを定めているキャンティーや、地下の出口を張ってるコルンにとっちゃ、狩りやすい獲物だろーよ・・・」

キール:「ねぇ、彼はこの事知ってるの?」

ジン:「彼・・・ 誰の事だ?」

キール:「バーボンよ・・・」「組織を裏切ったシェリーって言う科学者を捜しに動き出したって聞いたけど・・・」

ジン:「さぁな・・・」「ベルモットと同じく、奴も秘密主義者・・・」「どこで何をやっているかわからねぇよ・・・」

ウオッカ:「そういやぁ、バーボンも赤井のこと嫌ってやしたねぇ・・・」「ジンの兄貴以上に・・・」

ジン:「まあ、奴の居場所がわかっていても知らせるつもりはなかったが・・・」「奴は、赤井が死んだことを信じようとはしなかった・・・」「赤井を殺れるのは自分だけだと息巻いていたから、無理はねぇが・・・」「問題の男が赤井だとしたら・・・ 奴はそれ見た事かと鼻で笑う・・・」「そんな奴の面は拝みたくねぇからな・・・」

バーボンは組織を裏切ったシェリーを捜しに動き出したと言われている。

ベルモット同様、秘密主義者でどこで何をやっているかわからない。ジン以上に赤井秀一を嫌っている。赤井を殺れるのは自分だけだと息巻いていた。

「鼻で笑う・・・そんな奴の面は拝みたくねぇからな・・・」などから、ジンとバーボンはあまり仲がよろしくないようである。

(沖矢は外で狙いを定めているキャンティを見つけて不敵な笑み)

沖矢:「あ、すみませんすぐに出て行きます・・・ちょっと外の様子が見たかっただけなので・・・」「爆弾でフロアが占拠されてるというのに・・・」「何かを口にする気にはなりませんよ・・・」「もっとも・・・ この暑い最中、息を潜めてジリジリと獲物を待っている連中には・・・」「熱くて苦いコーヒーを御馳走したいところだがね・・・」

小五郎:「───って書いてあんだよ!知らねー奴からさっき届いたこのメールにな・・・」

コナン:「・・・・・・」

<メール:以上が私の推理だ。わかったらさっさと調べて我々を解放しろ。>

コナン:(だ・・・)(誰が!?)

沖矢は暑い最中外で待ち構えている組織の連中に気づく。暑いって、よくそのハイネックの服装で言えるな(笑)

誰かが小五郎に推理を送る。メールの送り主はコナン並に頭の切れる人物のようである。

sponsored link


コメントを残す