火傷赤井 – シナリオ関連

sponsored link

火傷赤井の出現

帝都銀行《File:677~679》

「バーボン・・・」「組織に再び潜入した水無怜奈からその情報を得てからしばらく経つが・・・」「一向に姿を見せませんね・・・ その探偵のような奴・・・」「何らかの形で我々に接触してくると踏んでいたんだが・・・」

「赤井さんがいればバーボンなんていう奴にビビる事もないんですけどね・・・」「ビビってなんかいないわ!私達は組織がじれて動き出すのを待ってるだけ!」「それに赤井秀一は死んだのよ!!」「もう二度とその名を出さないで!!」

scar_akai_bank

…と、組織の切れ者”バーボン”が姿を現さないこと。赤井秀一がいればそんな奴恐くない、もう死んでいるんだからその名前は出さないで、とバーボンと赤井の会話をした直後に出現。

ジョディが話しかけるも全く反応することもなく、記憶と言葉を失っているように見せる。

頬に火傷の跡があるのは、赤井秀一が来葉峠のシボレーの爆発に巻き込まれたことになっているから。この事実を直接知ることができたのは組織の人間と、FBI(キャメル、ジョディ、ジェイムズなど)、コナン&キール&赤井秀一の3グループだけである。(警察は発見された焼死体が誰のものかは分かっていない。)

事件解決間際にコナンが強盗犯につかまり殺されそうになるが、この火傷赤井が見事な銃の腕前で犯人の肩を撃ち助ける。しかし、その時銃を撃ったのは赤井秀一の利き手と逆の右手であった。

コナン:「最後に拳銃で撃った人、誰だったんだろうって思ってさ・・・」「ジョディ先生は気絶してたし・・・あの状況で撃てる人なんているのかなぁ?」

コナンはこの帝都銀行の火傷赤井を直接見ていない。

歩美:「そうそう、その時の銀行のお客さんの中になつかしい人見かけたよ!」

灰原:「なつかしい人?」

歩美:「ホラ、バスジャックの時に一緒に乗ってた男の人!」

元太:「ああ・・・あの目つきの悪い兄ちゃんだろ?」

光彦:「ボクも見ました!確か、右のホオに火傷のある跡が・・・」

コナン:「そんな奴バスジャックの時にいたか?」

歩美:「ううん!バスジャックの時は火傷なんかなくて・・・」「黒いニット帽を被っていたと思うよ!」

コナン:「な・・・」「何だと!?」 File:699

米花百貨店出現前に、コナンは探偵団から初めてその情報を聞く。

米花百貨店《File:700~704》

ジン:「赤井秀一を・・・」「見かけただと?」

ウオッカ:「ホラ、この前ありましたよぇ・・・」「米花町の帝都銀行で強盗事件が・・・」「あの事件の裁判が昨日始まったってニュースの中の、事件を振り返る映像に映っていたらしいですぜ・・・ 解放された人質の中に、あの男に似た感じの奴が・・・」「・・・といっても、どーせ他人の空似でしょうけど・・・」

コナン:(右のホオに火傷!?)(じゃあ、ジョディ先生も見たってわけか・・・)(あの銀行強盗の人質の中にその男を・・・)

キャメル:「それ・・・赤井さんですか?」

ジョディ:「え?」

キャメル:「さっき、トイレの中ですれ違いましたよ・・・」「火傷を負った赤井さんそっくりの男とね・・・」

男:「これ、あんたの携帯か? って渡してくれたんだよ・・・」「黒い帽子を被った、右のホオに火傷の跡がある目つきの悪い男にね」

キャンティ:「いたよ!」「いたいた!!」「亡霊発見!!」「正面入り口左端・・・」「あんたの車の真横だよ!!」「確認するなら早くしなよジン!」「引き金に突っ込んだままじらされてビクついたアタイの指が・・・」<今にもイっちゃいそうなんだからさァ!!>

ジン:(赤井・・・ 秀一・・・)

scar_akai_department

帝都銀行と同じく百貨店オリジナルの帽子を着用して出現。帝都銀行と同じ人物(もしくは、協力者による変装)がやって来たことが分かる。

しかし、唯一の帽子の販売店もその米花百貨店であるが、店員は火傷赤井がその帽子を買うところを見ていない。帽子を購入したのは火傷赤井の協力者か、火傷赤井が変装で元の姿で購入したようである。

火傷赤井はなかなか解決しない爆弾事件にしびれを切らしたのか、「わかったらさっさと調べて我々を解放しろ」と小五郎に高圧的な推理のメールを送る。なぜか小五郎のメアドを知っていた火傷赤井、そして送った推理はコナンも驚くほどのレベル。

「その文面だと事件にかかわりたくない人みたいだし」とコナンが言うように、火傷赤井は一般人の落とした携帯をハンカチで拾い、それでメールを送るというほど慎重である。

一方、黒の組織のジン一行はニュースの映像に火傷赤井が映っていたこと、赤井らしき人物が百貨店に入ったという情報を元に、百貨店の外で待ち伏せをする。ジンは赤井秀一の抹殺を担当したキールの顔に銃を突き付け、彼女が小細工をしたことを疑う。

爆弾騒ぎが収まり、呼び止めるジョディを無視して外に出た火傷赤井は、銃で狙いを定めているキャンティを見つけニヤリと笑う。火傷赤井は組織のことは良く知っているようである。

こうした百貨店内での火傷赤井の一連の行動から、帝都銀行での記憶喪失で話せないという行為は演技であることが分かる。ジョディも「記憶は戻ってる」と発言。また、そのことから、銀行ではジョディを意図的に無視したこと、さらに、目的があってジョディの横に座ったということになる。

ジンはキールが裏切り者だと分かれば殺そうとしているように、赤井の生存がバレればキールの命も危うい。そればかりか、自らの死を偽装してスパイとして組織に戻した計画も台無しである。万一、何らかの形でコナン達との関係もバレてしまったら、周囲の人間も危険に晒される。赤井秀一が組織を挑発するこんな形で堂々と出て来ることはないだろう。

そして、火傷赤井を見たジンは一瞬本物と思ったようである。しかし、直後にベルモットがジンに何かを伝えると、ジンは撤退命令を出す。赤井秀一を見たことで怒るどころか、キールのことを咎めることもなく鞘をおさめた。火傷赤井は赤井秀一ではなかったようである。

どうやら、この作戦は変装術の得意なベルモットがあの方の許可を得て一枚噛んでいるようであり、「相変わらず気に食わねぇ野朗だぜ」「シャーロックホームズのような探偵は小説の中だけにしてほしいもんだぜ」とジンが嫌い、キールが探偵のような切れ者と警戒するバーボンもかかわっていることが、ジンとベルモット、キールの会話から推理できる。

次ページへ

sponsored link
更新日:2015-11-1
コメントはこちら