安室透 – その他の伏線

sponsored link

ミステリートレイン後

コナンを手当て

蘭:「安室さんよ!お医者さんが来るまでの処置も的確でとても頼もしかったんだから!」 

コナン:「ふーん・・・」 File:825

amuro_aid_f825

ラケットが頭部を直撃し気を失ったコナンを、安室が応急処置した。コナンは不思議そうな表情で安室を見る。

⇒緋色のエピローグ(File:898)で安室の正体についての伏線は回収されたので、この件についても結論で良さそう。

結局、安室=公安(的確な処置)の伏線の一つとも考えられるが、安室は蘭や小五郎の信頼を得ることも目的としているので、そうした背景もあるかもしれない。

コナンはミストレ後に組織の人物とわかった安室を警戒していたためにこの行動は想定外であったようだが、元々小五郎に弟子入りしてポアロでバイトしている人物が蘭や小五郎に直ちに危険はないことぐらいわかるはずなのだが… むしろ、これで警戒を緩めれば安室の行動は非常に効果的だったと言える。

安室は公安のスパイという顔を持ちながらも、目的達成のためなら民間人の犠牲もいとわない裏の顔も持っている。

そういう意味では、安室が公安だという伏線というよりも、むしろ「コナンを助けたから味方」と安易な考えを導くミスリードの効果のほうが高そうである。

キールのように身を挺して人を守ったり、心の中セリフで「助けてくれてありがとう」と本心がわかれば、それがその人の内面を表すが、行動は必ずしも内面を映す鏡とはならない。腹黒い人がパフォーマンスで支持を得ることは世の中いくらでもある。

安室は公安でありながらも、ボスの信頼を得るために組織の仕事に積極的に貢献をしている。(むしろ非常な手段に出ることもある公安だからとも言えるが。)

その一貫で、自分の恨みを晴らすという目的もあるだろうが、赤井を捕まえて差し出すという目論見だった。バーボン編において安室の正体推理はどちらかというと、安室が公安であるということよりも、公安の安室がなぜスパイとしては行き過ぎの不自然な行動をしているのか、というほうが重要。

安室は基本的には積極的な人助けはしない、「関わりたくない」タイプである。しかし、安室が人を利用するのは自分の目的の手段とする時であり、関わりたくないのはめんどうに巻き込まれそうな時である。

恐らくではあるが、純粋な組織の悪役ではなく警察官としての顔もあるので、蘭や小五郎がいなくとも、子供が怪我をしているところを見れば救助するのではと思われる。

ジョディのコースター

jodie_coaster_f852

米花百貨店のカフェでジョディの飲み物に敷かれていた、メッセージが残されたコースター。ジョディは「誰が何のために残したのか」と疑問に思う。

⇒ミステリートレインとその後日談で火傷赤井(バーボン)の正体と目的、緋色のエピローグで沖矢昴の正体が確定。これで、「誰が何のために残したか」という部分を謎にしておく必要はないと思われる。(さすがに、他の「エリア(領域)」使いの世良と領域外の妹があの現場でジョディに警告メッセージを残すというのは状況と目的からしてないであろう。)

しかし、伏線は具体的には回収されず。普通に考えれば話の流れと状況、その目的からメッセージを残したのは赤井に成りきった火傷赤井になるのだが、ジョディは火傷赤井の正体、そして目的が「自分達関係者の前で赤井の恰好をしてふらつき、赤井が生きていると思わせてその様子を探る」ということを知った後でも「メッセージを残したのが火傷赤井でないのなら─」と考えた。

詳細の考察は↓
考察 【File:700】 コースターのメモは誰が書いたのか

となれば、「エリア」は本当に赤井=沖矢の口癖を表し、後の沖矢=赤井に気付く布石となるのか(ジョディは赤井の生存を知らないため、火傷赤井を候補はから消すと謎になる。)とも考えられたが、ジョディが沖矢=赤井に気付くきっかけは百貨店出入り口で沖矢とぶつかった時の会話であり、コースターの件は一切触れることはなかった。

もしメッセージを残したのが沖矢=赤井であるのなら、ジョディが沖矢=赤井の事実を知った後に「誰が何のために残したのか」を謎にしておく必要はない。今後回収する必要もないであろう。

謎を先延ばしにしたいのではなく、残したのが火傷赤井にしろ沖矢にしろ、例えば、後にジョディが再びバーボンと対面した時に「よくも騙してくれたわね!」とコースターを投げつけるなどのイベントに使われる可能性はあるかもしれない。

拳銃の入手ルート

赤井:「悪く思わんでくれよ・・・仕掛けて来たのはあんたらの方だし・・・」「ああでもしなければ死人が出かねぬ勢いだったからな・・・」「そこで提案だが・・・今、あんたが持っている携帯と・・・」「さっき発砲したこの拳銃・・・」「交換してはくれないか?」

・・・

赤井:「君の連れの車をオシャカにしたお詫びに・・・ささやかな手土産を授けた・・・」「楠田陸道が自殺に使用した拳銃だ・・・」「入手ルートを探れば何かわかるかも知れん・・・」「ここは日本・・・そういう事はFBIより君らの方が畑だろ?」 File:897   

akai_gun_f897

赤井は安室と会話するため、また、公安に敬意を払う姿勢を示し話し合いに持ち込むための手段として楠田陸道が使用していた拳銃を公安に提供する。

安室(公安)は今後この拳銃の入手ルートを探ることになるが、それにより黒の組織と取り引きのある新たに組織(人物)が明らかになってくる可能性がある。

ベルモットの秘密を知っている

安室:「はい・・・でもまた何かあったら力を貸してくださいよ・・・」「何しろ僕はあなたの秘密を握っている数少ない人物の一人・・・」「組織のメンバーが知ったら驚くでしょうね・・・」「まさかあなたがボスの・・・」

ベルモット:「それ以上喋るとフロントガラスに貴方の脳ミソぶちまけるわよ!」 File:898

amuro_vermouth_gun_f898

安室はベルモットが「ボスの〇〇」であることを知っている数少ない人物の1人。「数少ない」なので、ベルモットとボスの当事者と安室本人を除いて、まだ知っている人物が何人かはいるようである。

また、スパイである安室がなぜその重要な秘密を知っているのかは不明。ベルモットとボスの会話などを盗聴したか、安室と繋がる特別な人間関係から聞いたなどが考えられるだろうか。

sponsored link

コメントを残す